ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

10年目のフルモデルチェンジ!天龍のベイブレイズが2021年初夏デビュー!大型ルアーの対ランカーモデルも期待大

新製品総力特集2021

2021年、テンリュウの「ベイブレイズ」シリーズが2021年初夏にフルモデルチェンジとなります!

出典:天龍公式ベイブレイズ詳細ページ

ベイブレイズがフルモデルチェンジ

ベイブレイズはBAYの名の通り、シーバスなどをはじめとした港湾の釣りに向けたオフショアキャスティングロッドといえるでしょう。

C・N・T搭載に!

今回のモデルチェンジは、その港湾の釣り自体がかなり多様化してきたこと、それに加えてテンリュウの新たなテクノロジーが生まれたこと(C・N・Tなど)から、より現代シーンに適したベイブレイズとなります。2012年から時を経て2021年に3代目となるベイブレイズの特徴を見ていきましょう!

まずはC・N・Tが搭載されたというのは非常に大きな進化ポイント。前作にはまだなかったテンリュウテクノロジーですが、シャキッとして魚が掛かれば自然とリフトアップできてしまう粘りのあるC・N・Tがバット部にコンポジットされたのは大きい。

さらにはフォアグリップとリールシート部には、西陣織仕様のカーボンパイプを採用し所有感をくすぐる

スピニングタイプDTSシート

ベイトタイプPLSシート

ガイドにはステンレスフレーム、SiCリング、Kガイドを搭載、キャスト時のラインの振り抜け感・感度も非常に高い性能に!

リング径やフットの高さなどをさらに見つめなおし、機種ごとに最適な設定をし、ラインのガイド抜けを向上させよりキャストフィールに優れた仕上がりとなっているそうだ。

スピニングタイプKガイド(ステンフレーム・SiCリング)

スピニングタイプKガイド(ステンレスフレームSiCリング)

ベイトタイプKガイド(ステンレスフレームSiCリング)

もともとウエイトをしっかり乗せてキャストできる「使いやすい」ロッドでしたが、さらなるキャスト精度を手に入れたといえそうです。

天龍公式ベイブレイズ詳細ページはこちら

各機種の解説についてはこちら

ベイエリア・テクニカルモデル BBZ642S-LML

出典:YouTubeチャンネル「TENRYU CO.,LTD」

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
1.93[6’4″] 2 (O.S.H) R 161 MAX 25 MAX 14 MAX 1.2 315 109 ¥35,500

ボートゲームでのベイトが小さなとき、港湾でのばち抜けシーズンなど、ややテクニカル化攻略が必要な時に活躍するロッドです。

また、近距離をピンスポットを打ちたいとき、そんなシーンでもこのロッドは非常にオススメです!

グリップの長さも取り回しのきくレングスで、ボートの上でも扱いやすいのも特徴の一つです。

ルアーは軽量プラグを中心に、活性の低いターゲットのバイトを逃しにくいアクションに設定。

10~15g程の比較的軽いプラグに対応し、7~10cmのミノーや15gまでのバイブレーション、10g程のトップウォータープラグに対応します。

ベイエリア・バーサタイルモデルBBZ682S-ML

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.03[6’8″] 2 (O.S.H) R 171 MAX 30 MAX 16 MAX 1.2 315 117 ¥36,500

ベイエリアにおいて汎用性が高いモデルです。

港湾部でよく使う20g前後のミノーやバイブレーションがより使いやすく、ストラクチャーをタイトに探る状況から、広範囲を広く探ることも得意としたロッドになっています。

デイゲームでのミノーのジャーキングや、カウントダウンで探るバイブレーションなどスピーディなゲームに対応します。

そしてこのロッドの最もポイントになるのがロッドをしっかり曲げられるところ!

キャストのときもしっかり曲がってくれて、キャストが決まりやすくアングラーの負担も少なくなる設計になっています。

ベイエリア・バーサタイル遠投モデル BBZ702S-M

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.14[7’0″] 2 (O.S.H) RF 180 MAX 40 MAX 20 MAX 1.5 315 134 ¥37,500

このロッドはバーサタイルではありつつも、25g前後のバイブレーションや125mm程度のミノーなど少し大きめのルアーを使いやすくしたロッドになっています。

前のモデルにも702は展開していたのですが、ブランク設計やアクションはさほど変えず、カー門ナノチューブを追加することで、ネバリ要素をアップさせた仕上がりになっています。

橋脚やテトラ帯を遠投で探る状況や、リーフエッジやウィードエリアなどオープンウォーターで広く探る事を得意とし、パワーファイトが必要なシーンにも活躍します。

遠方のナブラにも届くロッドです。

シーバス以外でも2kg以内のサゴシ・サワラやちょっとした青物にも対応可能です。

ベイエリア・遠投パワフルモデルBBZ732S-MMH

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.21[7’3″] 2 (O.S.H) RF 189 MAX 50 MAX 25 MAX 2.0 315 150 ¥38,500

今回新たに追加されたロッドです。

機種的には遠投・パワフルなモデルで、PEラインはMAXで2号、ルアーは50gまで対応しています。

似たスペックでスパイクボニートと比較されますが、そちらに比べこの機種はややライトな設計で、且つボートシーバスの中では強めといった位置づけになります。

今まで取れなかったサワラや中型の青物なども狙えるほか、沖縄のリーフでも使えるロッドで、魚とのファイトを楽しめるロッドになっています。

障害物近くでの強引なファイトを必要とする状況や、大型プラグの遠投で広いエリアをサーチする事に長けたモデルで、やや大きめのシルエットのミノーや30g前後のバイブレーションなど、30~40gのプラグを中心に扱いやすい設定です。

ベイエリア・バーサタイルBCモデルBBZ682B-MLM

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.03[6’8″] 2 (O.S.H) R 170 MAX 35 MAX 16 MAX 1.5 270 120 ¥37,500

近年のベイトリールの進化や手返しの良さ、キャスト精度などを取り入れたバーサイタイル・ベイトモデルです。

ショートディスタンスからロングディスタンスまで、あらゆるフィールドに対応し、ルアーも10~14cmのミノーや25g前後のバイブレーションなど20~30gのプラグ全般を扱い易くなっています。

ベイトの利点を活かした、スピンテールやメタルジグなどストラクチャーをバーチカルにと繰り込むシーンでも非常に活躍します。

ベイエリア・ビックベイトモデル BBZ682B-X

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.03[6’8″] 2 (O.S.H) R 168 MAX 120 MAX 60 MAX 4.0 300 1.9 ¥40,000

ベイエリア・ビックベイトモデルということもあり、2~3ozのルアーを扱いやすいロッド設計になっています。

大型ミノーやS字系ビックベイトなど、リトリーブ中心で誘うルアーとの相性が良いモデル。

ソフトティップにすることで、ルアーの挙動を感じやすくバイトも弾き難いアクションが特徴です。

ベイエリア・ビックペンシル対応モデルBBZ60(プロト)

シリーズ唯一、BBZ60だけプロトとなっています。

狙いはビッグペンシル、S字系ビッグベイトを使ったランカーシーバス攻略。

近年、大型ルアーを使ったシーバス攻略は、ルアーを操作する楽しさと掛けた後のスリリングな展開にファンが増加中。

こちらのプロトモデルはそうした現代シーバスゲームに対応すべく大型のペンシルベイトをクイックにアクションできる操作性や、水面を叩きにくいレングスなどを求めて開発が進められているという。

200gまでのペンシルベイトをはじめ、S字系のビックベイトなど大型プラグを扱いやすくしていくとのことでかなり楽しみですよね。

現段階ではスペックなどは未定ですが、「コレが欲しかった」になりそうな予感大!

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。