ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メガバス2021年の新製品「ONETEN(ワンテン)jr+1」が…ええやんかぁ~!

寄稿:HASSY
新製品総力特集2021

皆さんこんにちは!こんばんは!ええやんかぁ~が合言葉、Megabass Pro staffのHASSYです。

HASSY/はっしー(Hassy) プロフィール

「ええやんかぁ~」を合言葉に、釣りを通じて "全力で遊び、全力で楽しみ、全力でふざける” 関西在住のアングラー。 関西圏の水辺、ライブハウスに出没することが多く、バスをメインに海のライトゲームなどにも造詣が深い実力派としても知られる。

 

新製品情報が飛び交う中、Megabassも勿論、新製品が沢山ございます! 今年はWEB開催のフィッシングショー2021などでご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、もうご覧になられましたでしょうか!?

新製品情報は、リニューアルされたMegabassのホームページでも確認できますので是非チェックしてみてください!

そこで今回は、まだまだテスト段階である製品も多々ありますが、その新製品の中から僕もしっかりテストした実績あるおすすめルアーのご紹介とどんな使用方法があるか?を書かせていただきますので、最後までお付き合いくださいませ。それでは、早速!

 

ONETEN+1 Jr.

はい!待ってましたのjrサイズ!「ONETEN jr +1」!

スペックはこちら↓↓
——————-
Length:98mm
Weight:3/8oz
Type :suspend
——————-

 

大きすぎず小さすぎないサイズ感+ワンテンならではのアクションが◎

個人的にも、これは待ってましたのONETEN+1のJrサイズ!

まずは何より、大きすぎず小さすぎないサイズ感。そして、ハイピッチなロールアクションとキレキレのダートアクションを兼ね備えております。そして、これまでのONETENシリーズでルアーのサイズ感がフィールドにマッチせず攻めきれなかったところを攻められる、かつ一段下の場所まで攻められる仕様となっております。

このサイズの小魚はよくいますよね? そう、この感じ。

 

年中通しても使い方次第で釣果を得られるジャークベイト。淀川のみならず色々な水辺で活躍するわけなんですが「じゃあどんな場所でどう使えばいいの?」…に、僕なりにお答えしていきます。

 

基本的なアクション

文章で説明するのは少し難しいですが、基本的なアクションは以下のとおりです。

1:タダ巻き…ただ巻くだけ。

2:ストップ&ゴー…タダ巻きからルアーをストップさせてバスに食わせる間を与える。

3:ダートアクション…ラインを少したるませてルアーの位置とは逆方向にラインをバシッバシッと弾くようにロッド操作で左右にダートさせる。

4:トゥイッチアクション…ダートアクションの弱いバージョン。トンットンッというイメージでストップもおり混ぜる。

 

一つ深いところを攻めよう!

陸っぱりではよくあるこういった場所。

上の写真のような場所をご覧いただきながら、少しだけ想像してください。写真右下あたりに、石が少し出ていますが、手前の石達がそのまま先まで沈んでいると。その石の向こう側、見えるか見えないかのところが一つ深いところ(一段下)で攻めどころ。そしてトレースコース(ルアーを巻いてくる道)について気をつけてほしいところでもあります。

まずは赤い線のコースについて、比較的に回避性能は高い+1ではありますが、このコースではスタック(引っ掛かる)しやすいです。ボートからでは、立ち位置が逆なので、浅いところから深いところへ、ルアーも地形と並行に巻けるのでスタックしません。なので、陸っぱりでは正面でとらえるというより、青い線のコースで巻いてくる方がスタックもしにくく、バスが着きそうなブレイク(段差)を長く探れますので、このコースを意識してみてください。

とは言え、小場所なのでどうしても赤いコースを通してこないといけない場面があるかと思います。そんな時は、ロッドを立てて、アクションはロッドでするのではなく、リールのハンドルでアクションさせると引っ掛かりにくいです。この時、強くアクションさせすぎないのがコツです。ここは感覚的なのもあるので、ルアーが回収できる距離で練習してみてください。

 

テトラやコンクリ護岸を狙う!

続いてはテトラに身を潜めるバス、コンクリ護岸に張り付いているバスを釣る引き方。

写真で言うと、+1で攻めるのは青い線コース! 写真では分かりにくいですが、青いコースが三角テトラの終わるところなので、少し深い境目に潜むバス、テトラに小魚を追い込んでるバスを釣るイメージです。赤い線のコースを通すのも良いですが、+1で当て込みすぎるより、オリジナルのONETEN jrや、フローティングタイプのONETEN LBOなどで少し浮かせて攻める方がバスも捕食しやすいかと。

 

低水温期のアクションは?

気温も低く水温も低くなった低水温期には、バスも動きにくいので、適度なアピールなトゥイッチアクションにストップさせる時間を少し長くさせてスロー気味なバスも食ってきやすい状況を作ってあげるのがよいです。

また、一番後ろのリアフックにフェザーフックを装着させることで、ダート性能を殺す代わりに、短い動きでルアーを寄せてこず水を噛んでアピールさせることもできます。フェザーの余韻がまたアピールにも繋がります。

 

タックルデータ

ロッド:Brand New Destroyer F4-66X、LEVANTE F3-66LV
リール:ハイギアリール
ライン:フロロ10~12ポンド

 

最後に

ワームの釣りも大好きだけど、可能な限りハードルアーで釣りたいっていう気持ちがある方も多いのではないですかね?

ONETENシリーズのような操作感のあるルアーは、やっぱり楽しく面白くハマる要素あります。既存のONETENシリーズと組み合わせて、是非皆さんが行くフィールド状況や地形に合わせて使用してみてください!

ちなみに…僕の2021年 初バスは、「ONETEN jr +1」でええやんかぁ~!!でした

 

それでは2021年も皆さんが、健康であり且つMegabass製品で、「ええやんかぁ~」なフィッシングライフを送れますように! 以上ッ!HASSYでした!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。