ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【5Gを手にしたら、もう戻れない…】メジャークラフトの最新ロッド「鯵道5G」にガチ注目

メバリング特集

メジャークラフト・ヒロセマンによるメバリング動画を公開したばかり!

使用ロッド「鯵道5G」

今回は鯵道シリーズのナノアジメタルとナノアジサビキを使ってのお手軽デイゲームでナイスサイズのメバルをはじめ、さまざまな魚種をゲットしてくれました。

そこで使用されていたロッド、こちらは2021年リリースされる次世代ロッド「5G」シリーズのひとつ、「鯵道5G」です。

全7機種で、基本的にはアジングに特化したロッドとなっているのですが、今回のロケで具体的に使用したのはAD5-S722HAJI。シリーズ最長のレングスのパリッとしたロッドで、メタルゲームにはもってこい。

そもそも5Gシリーズとは

さてさて、5Gとは? そんなところからNEWロッドをご紹介していきます!

まず、全体像から。5G(ファイブグレード)シリーズは、「初級者や中級者が求める許容範囲の広さと上級者が求める軽さと高感度を両立した」ロッドとあります。

全方位型といえる5Gシリーズですが、「軽く、感度がイイ」というのがとにかく推し!

その理由は「R360構造」、「トレカT1100G」の存在。

ブランクスにはトレカT1100Gを採用。強度・粘りがあり軽量に作ることができ、高い感度を生むカーボン素材なのはご存知の通り。これに組み合わせるのが「R360構造」となる。

R360構造とは、カーボン繊維の向きを「ストレート(縦)」「サイド(横)」「フェード(右斜め)」「ドロー(左斜め)」方向に配置。

これはブランク表面のいわゆるカーボンテープ補強とは異なり、ブランク自体を多軸方向のカーボンシートで構成。ブランクセクションの役割に応じてカーボン配列を調整しています。求められる性能を考慮し、ブランクセクションごとに調整しているというわけです。

5Gシリーズ第一弾リリースはこちら

メジャークラフトから次世代のロッドシリーズ「5G」が登場!

鯵道5Gの特徴

  

軽さ、感度を求めた5Gシリーズということで、まさにアジングロッドにはピッタリ。

多様化するアジングに対応する7機種という幅広い展開も魅力。豆アジやジグ単などに特に向くL、バーサタイルなM、フロートやキャロ、メタルジグに対応する今回メインで使用したH(AD5-S722HAJI)と隙がない。

全長(ft) 継数(pcs) ルアー(g) ライン(lb) ライン(PE) アクション 本体価格(¥)
AD5-S502L/AJI 5’0″ 2 0.2-3 0.8-2.5 0.1-0.4 EX.F 20,000
AD5-S582L/AJI 5’8″ 2 0.2-3 0.8-2.5 0.1-0.4 EX.F 20,500
AD5-S622L/AJI 6’2″ 2 0.2-3 0.8-2.5 0.1-0.4 EX.F 21,000
AD5-S622M/AJI 6’2″ 2 0.6-5 1-4 0.1-0.5 EX.F 21,500
AD5-S682L/AJI 6’8″ 2 0.2-3 0.8-2.5 0.1-0.4 EX.F 21,500
AD5-S682M/AJI 6’8″ 2 0.6-5 1-4 0.1-0.5 EX.F 22,000
AD5-S722HAJI 7’2″ 2 1-15 0.1-0.6 F 23,000

メジャークラフト公式鯵道5G詳細ページはこちら

シングルフットのチタンフレームSiC-Sガイドでキャストフィールもよく、価格的に2万円前半といったところながら非常に細部が造りこまれている。

ティップは超高感度カーボンソリッド。収束が速く、投げた後にピタッと止まり、今回のメバル、アジといった時に小さなバイトを出すシグナルも確実に捉えてくれます。

今回はナノアジメタルを使っての実釣ということで、シリーズ最長レングスのHアクション「AD5-S722HAJI」をメインで用いたが、ジグ単なら50や58のLアクションもあるので選択肢が広いのもうれしいところ。

本気でコスパよし

それにしても7機種の価格は2万円~2万3000円。動画でご覧の通り、気持ちよく投げてルアーをしっかり操れ、繊細なアタリをしっかり取ることができる鯵道5G。

5Gを手にしたら戻れない……ってそんな時代になりそうですよ!

【ヒロセマンの日中メバリング】めちゃイージーなメタルゲーム

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。