ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖バス釣りルアーの使い方2-ラバージグ編【琵琶湖-夏秋対応=解説=大西健太、庄司潤、上田直紀】

解説=上田直紀 Naoki Ueda

ハードベイト中心に、巻きで狙い通りにデカバスを獲るスタイルで、コリマグ旋風を巻き起こすBigboyこと上田直紀。クランク、スピナベ、ジャークベイトなどが大好物。滋賀出身&在住。「上田直紀の琵琶湖バス釣り日記」…http://ameblo.jp/n-u-590310/

●琵琶湖ガイド情報●
上田(BIGBOY)ガイドサービス=ガイド受付☎090-2280-2375
出船マリーナ:パークマリーナ(滋賀県守山市木浜町1564ー31)
ガイドエリア:南湖(主に東岸)、北湖東岸
ブログ:http://ameblo.jp/n-u-590310/
使用ボート…バスキャット・パンテラⅡ
遊漁船登録番号:滋賀第143号

釣行に役立つオススメ情報サイト=ド定番のヤフー天気。東岸メインの僕は南湖なら大津で詳細を、北湖なら近江八幡で詳細を見ます
琵琶湖オススメランチどころ=パークマリーナ内のアジアン料理レークサイドグリル。土日ランチ500円、平日800円で、ごはんは、おかわり自由

 

パターン解説

水面直下を狙うスイミングジグテク!  水質がクリアな条件で爆発力アリ!

夏になると南湖ではウイードが湖面を覆うようになってきます。ウイードトップから水面までに巻きスペースがあり、なおかつ水がクリア気味でハードルアーでは対応しきれない時にこのメソッドが効きます。エビモの面、キワ、カナダモフラットの面を速巻きし、下から魚に食いあげさせます。

フラットバックジグのガード上半分を間引き、デスアダーツインテールをトレーラーにセット。基本的には3/8ozで巻きますが、クリアウォーター下で見切られたくない時などは1/2ozにして、さらに早巻きすることも。

魚からすれば、ウイードの隙間からルアーがチラチラ見え隠れする状態なので、ルアーのシルエットをハッキリ見せて食いあげさせる必要性があります。この場合、ツインテールはブラックカラーやスカッパノンなどの濃いカラーを使います。水がかなり澄んでいる場合やブルーギルが浮いている時などはスモーク系のブルーギルカラーを使います。ウイード絡みでのバイトなのでラインは太め、ロッドもなるべくパワーがあるモノを使います。

 

シチュエーション解説

エビモ&フサモの縦ウイードを攻略!
下物浚渫のハンプエリアに要注目!

狙う水深はシャローからミドルレンジ。ウイードは基本、縦系のエビモやフサモがよいですが、パッチ状や縦系と複合していればカナダモでもOKです。水面直下付近までウイードが伸びてきている方が魚をダマしやすく釣りやすいです。
ベイトはあまり意識していませんが、ブルーギルが浮いていたり群がっていたりすると、なおよいと思います。水温が上がりきって涼しくなりはじめる夕方はよく捕食します。下物浚渫の掘り残しのハンプ上に生えたエビモやフサモの上を巻いて通すと、デカい個体がでたりします。

 

ベストマッチルアーはコレ!
フラットバックジグ3/8~1/2oz【デプス】
&デスアダーグラブツインテール【デプス】

フラットバックジグはウイードを回避するうえでスグれており、また高速で巻いてもバランスを崩しにくいためウイードジャングル地帯でのスイミングに適しています。ササ濁りではシルエットをハッキリだしたいのでブラック系を、クリアで水が透き通っている時やギルが浮いている時はスモーク系と、ジグ、トレーラーともにカラーを使い分けます。

ヘッドデザイン

出典:デプス公式フラットバックジグ詳細


出典:デプス公式デスアダーグラブ・ツインテール詳細

上田直紀のラバージグタックル

■使用タックル…サイドワインダー HGC-76XX/GP「スラップショットGP」(デプス)+ハイギアリール+フロロ16-20Lb

 

3 / 3
前へ