ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ありそうでなかったど真ん中スペック!】フィッシュマンの人気ブランド「BRIST」&「Beams」それぞれにNEWロッドが登場!

ベイトロッド専門メーカーご存知「フィッシュマン」。

先日、3本のNEWロッドが登場するぞ!とご紹介したばかりなんですが、さらにもう2本の情報が解禁!

今回の2本もまたコンセプトが際立っていて…なかなか、おもしろそうなロッドなんです!

 

BRISTcomodo7.5H(ブリストコモド)

2021年6月~8月デリバリー予定

マリノやベンダバールなど、主に海外やソルトのミドルクラス以上のターゲットを狙う機種のラインナップが目立つブランド「ブリスト」。

中でもビッグベイトをストレスなく扱える「コモド」シリーズに、120gまでのビッグベイトを快適に扱える「7.5H」が登場。

フィッシュマン公式「BRISTcomodo7.5H」詳細ページはこちら

 

ビッグベイターが求めた性能を凝縮

一般的に使用される30g~120gビッグベイトを快適に投げられることを目的として開発がスタートしたという7.5H。

あえて、やや短めグリップ長になっていて、シーバスなどのウェーディングの釣りが考慮。全体的にラインナップの中ではマイルドであるではあるものの、沖の魚を掛けられるよう、胴は張りを持たせ強めの仕上げ。

特にティップにこだわったというこのロッドは、ドリフト時のバイトに食い込みが良くなるように粘るマテリアルを多めにし、外側に高弾性と75度カーボンを実装することによりシャープさも感じれるとのこと。

軽いルアーを扱うには柔らかいティップが必要。一方で重いルアーを扱うと重みでブレる。その一見矛盾する特性をテストを重ねることでクリア。特柔らかいが張りも感じられる、ビッグベイターの欲求を叶えるベイトロッドになっているそうです。

エンドグリップはヘビールアーキャスト時しっかり引きつけれるようにラバーエンドキャップを装備

ティップ部はアンサンドフィニッシュで凹凸を残すことで不意な衝撃からブランクスを保護。またガイドはKガイドでチタンとステンを併用し、トップガイドの内径は5.3mmで、100lbリーダーの使用可能。

 

3ピースで仕舞寸法85.5cm

 

スペック

全長7.5ft 継数3 仕舞い寸法85.5cm グリップ長41.5cm 自重235g ガイド Kガイドチタン+ステン 推奨ルアーウェイト10~120g ラインPE2~5号 販売価格:58,000円(税込63,800円)

 

関連動画

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

 

Beams LOWER 6.2L(ビームス ローワー)

2021年6月~8月デリバリー予定

続いてはトラウトなどライト系のブランド「ビームス」から、恍惚キャストでお馴染みのトラウト~シーバスまでのラインナップ「LOWER」シリーズのありそうでなかった6.2ftのライトモデル!

フィッシュマン公式「Beams LOWER 6.2L」詳細ページはこちら

 

ライトルアーのピン撃ちからトゥイッチなど操作性重視

6.2ftという上流~中流まで使い切れるレングスで、操作性を重視したという「Beams LOWER 6.2L」。

最大の特長でもあるしなやかなブランクスが可能にする「低弾道キャスト」からの近距離ピン撃ちを得意とするモデル。

大規模渓流や中規模本流など、短かいロッドではルアーが届いても水面に落ちるラインのメンディングが難しいようなフィールドでは、この6ft台という長さがかなり強みになります。しなやかなティップとやや張りのあるベリーによってトウィッチ、ジャーク等のアクションが誰でも容易に行える調子。

広めの川幅で、対岸にピンスポットに撃ち込む。そのままクイックなトゥイッチでスレた魚を誘い出す、そんなシチュエーションにうってつけとのこと。

エンドコルクグリップは自然と力が入りやすい径、またテーパーは腕の内側筋肉にフィットするように設計されているんだとか。

 

ガイドはKガイドでチタンとステンを併用。ほぼシングルフットを採用し感度、操作性の向上や持ち重りの軽減に貢献。

 

スペック

全長6.2ft 継数2 仕舞い寸法97.5cm グリップ長36.5cm 自重122g ガイド Kガイドチタン+ステン 推奨ルアーウェイト4~10g ラインPE0.6~1.2号 販売価格:45,800円(税抜)

 

関連記事もチェック

【機内持ち込みサイズ】フィッシュマンの人気4本継ロッド「B.C.4(ビーシーフォー)」シリーズに新たに3機種が登場!

 

ちなみにいずれのロッドも2021年2月9日より予約の受付が開始! 予約の時点で完売することもあるフィッシュマンの人気ロッド、気になる方は早めにチェックを!

 

Fishman

「ゼロバックラッシュ」「飛距離」「高精度ピンスポット撃ち」を追求したベイトロッド専門メーカー。 怪魚ハンターとしても知られる赤塚ケンイチ氏が代表を務め、同氏の豊富な経験がフィードバックされたロッドは、繊細な渓流から秘境のモンスターまでさまざまなスタイルに対応するラインナップ。