ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【カーディフ MLバレット 93F AR-C】シマノの人気ミノー「サイレントアサシン」の遺伝子を引き継ぐ!本流トラウト専用プラグが2021年1月に登場

新製品総力特集2021

記者の周りでも、ここ1~2年で始めた人が多いネイティブトラウトゲーム。

大自然のフィールドで、こだわりのタックルでキャストを繰り返す。

ひとたびハリに掛かれば、力強い流れの中のトルクフルで強烈な引き。運良くキャッチできればハッとするような美しい魚体。とはいえ、なかなかカンタンには釣らせてくれない。…そこにおもしろさがあり、それを求めて足繁く通うアングラーがいる。もう何十年も前から確率されているゲーム。

そんなネイティブトラウトゲームに新しい流れが来るか、シマノからこんな新しいミノーの提案です。

 

カーディフ MLバレット 93F AR-C

2021年1月登場

今回紹介するのがこちらの、「カーディフ MLバレット 93F AR-C」。どこか見覚えのある形状をしていませんか?

実はこのルアー、ソルトシーンの実績ミノー「サイレントアサシン」をスリムに作り上げ、強い本流の中でもしっかり泳ぎ切ることを前提に開発した本流トラウト専用プラグです。

「サイレントアサシン」の特長はAR-Cと呼ばれるバネを利用した重心移動システムを搭載していて、とにかく飛ぶこと。そして、ファーストリトリーブからスローリトリーブまで対応、強い波やサラシの中を姿勢を崩すことなくタイトなウォブリングで泳ぐこと。シーバスをはじめ、ヒラスズキ、青物、ヒラメやマゴチ、また海アメ、海サクラなどでとにかく高実績。

…そのミノーの本流トラウトチューンモデルというわけです。

カラー サイズ/自重/タイプ 税込価格(円)
8色 93mm/10g/フローティング 1760

シマノ公式「カーディフ MLバレット 93F AR-C」詳細ページはこちら

 

93mmで10gのフローティング。サクラやサツキ、大岩魚や本流ヤマメなどで使い切れるサイズ感。また本流用ではあるんですが渓流域の大淵の一発狙いなんかにも良さげ。

さぁ、それでは気になるディテールに注目。

 

AR-Cシステムを採用

サイレントアサシンシリーズに採用されている「AR-Cシステム」はもちろん採用。

 

AR-Cシステム

キャスト時は遠心力と加速Gでウエイトを後方へ移動。

そして、バネ式重心制御の搭載により着水時にウエイトが元の位置に戻り、固定重心ミノーと同等の安定姿勢で抜群の立ち上がりを実現するという技術。

逆風下でも安定した飛行姿勢・飛距離で、遠方のピンスポットを狙えるのはもちろん、ラインを太くしても遠投することが可能。

 

この重心移動システムを採用することでシッカリ遠くに飛ばせるようになり、余裕を持ってサミングできるのでキャスト精度が向上。風の影響も受けにくく、向かい風でも難なく飛ばせて安定した泳ぎを実現。

 

幅広いリトリーブスピードに対応

また、デッドスローリトリーブからファストリトリーブ、トゥイッチや流れを利用したドリフトまで幅広いアクションに対応。状況に応じた様々なアクションでトラウトを攻略可能。

 

全カラーに狂鱗を採用

また、見た目のリアルさにも追求すべく、全カラーに狂鱗を採用。クリアウォーター下のトラウトを視覚的要素で誘うことができます。

 

狂鱗

本当のリアリズムを追い求め開発されたシマノオリジナル鱗模様のホログラム。

 

カラーは全8色

 

あの流れの中で、あの大岩のヨレ、反転流で。解禁はもうすぐ。早く実釣で使ってみたいですね。

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。