ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

注目の新製品続々!「本多電子/HONDEX」の2021年最新アイテム全9種類をイッキにご紹介!

ボーターにはお馴染み!国内外で高い評価を受けている魚探を多くラインナップしている「本多電子/HONDEX」。

2021年の新製品を含む注目のアイテム全9種をイッキにチェック!

 

INDEX

 

HDX-12C

2021年4月登場予定

新開発の専用振動子で実現した、クリアチャープ搭載のGPSプロッタ魚探です。

画面には12.1型の大型液晶を採用、HONDEXが培ってきた直観的な操作性と新世代魚探の両立を実現しました。

チャープモードで発振した魚探は従来の魚探に比べ、より精細でクリアな反応を描写できます。この技術には、広い周波数帯域で受発振可能な専用の振動子と、それに合ったセッティングが必須となります。HONDEXは本体と振動子の両方を自社開発することで最適な映りを可能にしました。

ノーマルモード(50/200kHz)ならおさかなサイズ表示機能も使用ができるため、今まで通りの使い方ができるのも魅力の新世代GPSプロッタ魚探です。また、スマートフォンやタブレットへ本体映像を映し出すことが出来るWi-Fi接続機能は接続可能台数が2台から5台までに増加しました。

本多電子株式会社/HONDEX公式「HDX-12C」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HDX-10C

2021年5月登場予定

新開発の専用振動子で実現した、クリアチャープ搭載のGPSプロッタ魚探です。

HDXシリーズのデザインに扱いやすい10.4型液晶を搭載、HONDEXが培ってきた直観的な操作性はそのままに、新たなデザインと先進技術を兼ね備えたモデルです。

チャープモードで発振した魚探は従来の魚探に比べ、より精細でクリアな反応を描写できます。この技術には、広い周波数帯域で受発振可能な専用の振動子と、それに合ったセッティングが必須となります。HONDEXは本体と振動子の両方を自社開発することで最適な映りを可能にしました。

ノーマルモード(50/200kHz)ならおさかなサイズ表示機能も使用ができるため、今まで通りの使い方ができるのも魅力の新世代GPSプロッタ魚探です。また、スマートフォンやタブレットへ本体映像を映し出すことが出来るWi-Fi接続機能に対応しました。(接続可能台数5台)

本多電子株式会社/HONDEX公式「HDX-10C」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HE-90S

2021年4月登場予定

簡単操作で好評のカンタンシリーズに、スマートな9型ワイドモデルが追加されます。

釣りには欠かせないおさかなサイズ・深度表示機能や、自分だけの海底地形図を作るデプスマッピング機能を搭載、また液晶には視認性向上と結露防止のボンディング液晶を採用した、ハイスペックモデルに負けない充実の仕様になっています。また、オプションのヘディングセンサーを繋ぐことで停船時の船首方向を素早く表示できるようになります。

 

本多電子株式会社/HONDEX公式「HE-90S」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HE-8S

見やすくて使いやすい操作部と分かりやすいシンプルなメニュー画面で、初心者の方でも迷わず使いこなせるカンタンナビシリーズです。

液晶は定番の8.4型サイズにボンディング液晶を搭載し屋外での視認性を向上しています。また魚探の深度情報とGPSの位置情報を利用して、画面の地図の上に海底地形を描写するデプスマッピング機能を搭載。標準の地図では表現されない海底起伏や漁礁などが可視化されるため、絶好の釣りポイントがより分かりやすくなります。

2021年モデルよりヘディングセンサー対応になります。ヘディングセンサーを接続する事で停船時の船首方向を素早く表示できるようになります。

本多電子株式会社/HONDEX公式「HE-8S」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HE-730S-WB

2021年4月登場予定

自社開発した専用の広帯域振動子を採用し周波数を可変できる機能が追加されたプロユースモデルです。

従来は振動子の仕様により周波数が決まっていましたが、広帯域振動子は1つの振動子の決められた範囲内であればいくつかの周波数を選ぶことができます。あらゆる漁法・魚種に対しての最適な周波数選択や、他の船との混信の際に混信軽減を図る事が出来、より詳しい海中の情報を収集する事が可能になります。

本多電子株式会社/HONDEX公式「HE-730S-WB」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HE-773SⅣ-Di

通常の魚探では探知出来ない前方向の魚群の位置や距離が分かるHONDEXのマルチスキャン。

従来ソナーといえば一般的にセンサーが大型だったり工事が大掛かりな印象ですが、HE-773SⅣ-Diは、ボートのイケス入排水孔であるスカッパーに簡易に取付ができるため、小型ボートでも本格的な釣りが可能となります。また、自社開発の広帯域振動子を採用し140~240kHzまで周波数を可変する事が出来、デジタル処理ならではの抜群の高感度・高分解能な映像が得られます。

なお本商品は取り付け工事が必要なため、お近くの専門店までお問い合わせください。

本多電子株式会社/HONDEX公式「HE-773SⅣ-Di」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

PS-611CN

コンパクトなサイズとリーズナブルな価格、使いやすい操作で、魚探がはじめての方でも安心して使うことがでるGPS内蔵ポータブルプロッタ魚探です。

画面は5型ワイド液晶に高輝度LEDバックライトを採用し屋外でも抜群の視認性を発揮します。電源は単三乾電池8本で約8時間使用可能。また、架台兼前面保護カバーは折りたたむことができ、持ち運びもらくらく。

GPSアンテナ内蔵&全国詳細地図内蔵で安全な釣りをサポートします。魚探は初心者の方でもすぐに使用できるよう、自動で最適な深さ・感度を調整する魚探オート機能を搭載しています。

本多電子株式会社/HONDEX公式「PS-611CN」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HE-8000S

限定発売が決定!

8.4インチで低価格かつ高機能で好評をいただいているHE-8000(107kHz+400kHz)に、多数のご要望にお応えした新たなバリエーションモデルを限定販売いたします。

本モデルの魚探は200kHz+400kHzの組み合わせ。ポピュラーながらマルチに使える周波数の2D専用機です。またGPSプロッタにはデプスマッピングも装備。液晶は省電力ながら高輝度、偏光グラス対応など、HONDEXならではの細かな気配りも従来機を踏襲。エントリーユーザーやレンタルユーザーも直感的が操作が可能なモデルです。

原点回帰。そんなシンプルスタイルをご提案します。

本多電子株式会社/HONDEX公式「HE-8000S」詳細ページはこちら

紹介動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「本多電子」

 

HE-68WB

HE-68WBはコンパクトなボディながらあらゆるフィールドにも対応できるオールシーズン魚探です。

バスフィッシング魚探としては付属の振動子TD03(200kHz)のほかにも、ワイド/スポットビーム振動子TD02(107kHz)やTD43(400kHz)も接続可能、またクリーンライン機能やボトムレベル機能も搭載し上位機種に劣らない性能となっています。またワカサギ釣り魚探としても使用可能で、ワカサギ用振動子TD08(150-300kHz)にも対応、周波数切り替え機能やワカサギモードも搭載しています。

電源は付属の電源コードのほか、単三乾電池8本でも使用可能です。画面は5型ワイドのサイズにボンディング液晶を搭載、偏光サングラスにも対応しており、光の強い晴れた屋外でもバツグンの視認性を発揮します。

本多電子株式会社/HONDEX公式「HE-68WB」詳細ページはこちら

 

2021年注目・最新の釣り具情報はフィッシングショーOSAKA公式ホームページで!
https://www.fishing.or.jp/

フィッシングショーOSAKA

大阪釣具協同組合が主催、毎年5万人以上(9年連続5万人以上)の来場者は集まる釣具の一大イベント!!  開催目的は、釣り用品およびこれに関連する商品を幅広く展示し、市場の動向を明確に表現することで、関係する業者とユーザーとの間の情報交換を推進していくこと。あわせて、釣り人口の底辺拡大と、釣りマナー向上、環境保全マインドの高揚や釣り文化の継承の場として活用していくことを目的として開催されています。