ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【注目の新製品が続々】今年もアツい!2021年のメガバス「バス系ルアー」をまとめてご紹介!【ビッグベイト/スイムベイト】

いやーかなりアツいです、2021年のメガバス!

先日はSW系ルアーの新製品をお届けしましたが、今回はバス用ルアーに注目!

LBOⅡシステムを2基搭載したブッ飛びジョイントベイトや、それに4つの使い方ができる?スイムベイトなどなど。気になるルアーが目白押し!

今回は特に気になる…ビッグサイズのルアーやスイムベイト系に注目! スペックや特長などをイッキにチェック!

 

GORHAM 180

かなり気になるビッグなルアー「GORHAM 180」

Length:180mm Weight:1.1/2oz. Type:FLOATING

メガバス公式「GORHAM 180」詳細ページはこちら

 

2基の「LBOⅡシステム」を搭載したジョイントルアー

そもそも、名前のゴーラムとはググってみると多肉植物の名前なんだそう。和名では「宇宙の木」といわれ、タフなときの切り札になる「御神木」という意味も兼ねてんだとか。

このゴーラムのジョインテッドボディには、シンクロナイズさせた2基のLBOⅡシステムが搭載。これにより従来のジョイントルアーの飛行距離と抑制できなかった姿勢変化による飛距離と、アクション始動時の失速感を解決できているんだそう。つまりめちゃめちゃ飛んで、ワンアクション目からしっかり動くということですね。

かなり水を撹拌しそうなテールがもたらすアクションにも注目したいところ。

 

SuWITCH

バンドマンとしても人気のKATSUUが監修! FX可変ビル採用で4つのアクションを演出できる「SuWITCH」!

Length:138mm Weight:1oz. Type:FLOATING

メガバス公式「SuWITCH」詳細ページはこちら

 

4人の魔女=「SuWITCH」

最大の特長はメガバスのトッププラグ「X-POD」に搭載されたFX可変ビル(PAT.P)を採用していること。

これはひとつのルアーで幾通りものアクションを演出できるシステムで、リップの角度が自由に変えられターゲットレンジと効果的なアクションへと瞬時にスイッチ可能。

ちなみに「Su」は中国語の4。「WITCH」は魔女。つまり「4人の魔女」を意味し、ひとつのルアーで4つのアクションを演出できるルアという意味。

スイムベイトでは世界初となる、ワンタッチによるリップ調整機構「2段階可変ビル」×「2WAY交換パーツ」によってあらゆる状況にアジャストし、ターゲットの状況に合わせて潜行レンジ・アクションが切り替えられる、新世代のマルチなスイムベイト。

Katsuu/かつぅ(Katsuu) プロフィール

メガバスプロスタッフであり、そしてバンド「COUNTERCLOCKWISE」のボーカル&ギタリストとして活躍中! また近年はYouTubeチャンネル「Katsuu MOSH FISH TV.」での活動も目立つ、マルチな才能が光るイケメンアングラー!

 

MAGDRAFT 鮎

本場アメリカで大人気となっているMAGDRAFTの日本専用モデル「MAGDRAFT 鮎」。

Length:175mm Weight:1.1/4oz. Type:SINKING

メガバス公式「MAGDRAFT 鮎」詳細ページはこちら

 

杉村和哉の想いが結実。日本のタフ専用モデル!!

アメリカのトーナメントシーンでも多くのメジャープロが密かにボックスに忍ばせるというマグドラフト。人気の秘密は、他を寄せ付けない程、誘い出せる魚の数とミスフックやバラシを低減化させるセッティングにあるといわれます。

そんなマグドラフトシリーズに、待望の日本のタフフィールド専用モデルが登場。「マグドラフト鮎」は、河川のゲームやバックウォーターなど流れが干渉する日本のフィールドでもしっかりアピール。止水エリアのゲームではリトリーブスピードを極限まで抑えた濃密な「トロ引き」を可能とし、スレバスにも効果的なんだとか。

杉村 和哉(Kazuya Sugimura) プロフィール

WESTマリーナ・オリーブを出艇マリーナとする琵琶湖プロガイド。オールラウンダーなんだけど、巻きの釣りが好み。1984年6月生まれ、奈良県出身。琵琶湖の持つ魅力「全てにおいてのスケールのデカさ」「全てにおいてのポテンシャルの高さ」に惚れ込み琵琶湖湖畔に移り住む。琵琶湖にてフルタイムプロガイドサービス『SUGIMURA GUIDE SERVICE』を営む。

 

続いては…あのダーススリーパーシリーズが登場!
1 / 2
次へ