ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

井熊亮プロデュース!人気急上昇中の釣り!SLS(スーパーライトショアジギング)完全対応のロッドが登場予定

釣りジャック黒豹「井熊亮」さんがプロデュースする注目の SLS(スーパーライトショアジギング)対応ロッドが2021年7月上旬登場予定。それは…

 

サーフトライブ SLS(スーパーライトショアジギング)モデル
井熊亮プロデュース STSLS-9062L+【ジャクソン】
Surf Tribe SLS model

2021年7月上旬登場予定


軽いメタルジグ、シルエットの小さなメタルジグを使い、様々なフィッシュイーターを狙うスタイル「スーパーライトショアジギング (SLS) 」が各地で人気!

SLSが人気を集めている理由は魚の大きさ問わず、ライトなタックルを使用する事でダイレクトに魚とのファイトが楽しめる点!

タチウオや小型回遊魚がお手軽に狙える【SLS(スーパーライトショアジギング)】のススメ

ちなみにSLS自体の釣りは基本的には15g前後の軽いメタルジグを使用しショアジギングを行う釣りだけど、いざ実際に釣りをはじめると、使用するルアーはメタルジグだけとは限らず、ミノーやシンキングペンシル、ジグヘッドワームなどさまざまなルアーを使う展開が多い。

そんな現実を踏まえて、井熊さんがこのロッドに求めたのは、メタルジグの使用には特化しているものの、色々なルアーを使えるオールマイティーさ!

MAX30gのあらゆるルアーを遠投するべく、ブランクスとガイドセッティングにこだわったロッドになっています。

 

具体的に特長を挙げてみると……

・ブランクスは40tカーボンをメインで使用
・ティップはやや硬めですがバイトを確実に捕らえる事の出来る感度・柔軟性を持たせてある
・ベリーからバットにかけてはメタルジグの操作を確実に行う事が出来る張り、魚のサイズ問わず引きを楽し
めるブランクス

 

キャスト後にきちんとティップのブレが収束し狙ったポイントへ確実にルアーを届けられることが考えられたキレのあるシャープなロッドに仕上がっているとのこと。

 

ちなみにこのロッドはサーフだけでの使用に留まらず、港湾や堤防などルアーフィッシングを行う事の出来るポイントでの使用も考え、9ft6inのレングスに設定され、取り回しの良さも高いロッドになっているとのこと。

 

いやぁー登場が楽しみですね!