ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ネイティブトラウトの「禁じ手」と言われるメガバスのバイブレーション【GREAT HUNTING GH-Vib38】

人気上昇中のネイティブトラウト。

ベイトスタイルも定着し、ますます人気に拍車が掛かる今日このごろ。

もうすぐ登場となるこちらも話題になっています。

そのミノー流れを制す。46mmで4gのヘビーウェイトミノー「メガバス グレートハンティング・ハンプバック」/2021年1月末登場

 

メガバスのグレートハンティングといえば。「禁じ手」とさえ言われるこんなルアーに今回は注目。

 

GREAT HUNTING GH-Vib38

メガバスの渓流用バイブレーション「GREAT HUNTING GH-Vib38」

Length 38mm
Weight 3.7g
Type Sinking
Other Hook : 鬼手仏針 #12 x 2pcs

メガバス公式「GREAT HUNTING GH-Vib38」詳細ページはこちら

 

タダ巻きもダートも!

コンパクトな形状の渓流用バイブレーションプラグ。ウェイトは3.7gと最近主流となっているヘビーウェイトミノーに比べ、やや軽めの設定。最大の特長は、流れの中でも立ち上がりが速いことと、独特なファストバックフォルムによりジャークやトウィッチでキレのいいヒラ打ちダートフォールを連発すること。

出典:メガバスブログ「中澤新一郎」

淵などを攻めるときはタダ巻きで、沈み岩や反転流など「ここぞ」という場面でトゥイッチでアピールなんてことが可能。独特の振動効果と鮮烈な明滅効果でスレたトラウトにアピール。

インプレはメガバスプロスタッフ中沢新一郎さんのブログ「メガバスブログ「中澤新一郎」」を参照

中澤 新一郎(Nakazawa Shinichiro) プロフィール

激戦区の富士川サーフエリアをメインフィールドとする"漢”。 独自の視点で、アプローチ方を研究釣果を出している。 サーフゲームのみならず、ライトソルトゲームや渓流、サクラマスゲームなどにも造詣が深いマルチアングラー。 山梨県在住。

 

オリジナルフックを搭載

フックにはメガバスオリジナルの「鬼手仏針」を搭載。軽く、細く、しなやかに設計された独自のフックでショートバイトもしっかり捉えます。

 

カラーラインナップ

ナチュラル系からアピール系まで。どんな渓相にもハマる全10色のカラーラインナップ。

TAKUMI YAMAME

M BLUE STREAM

M RED STREAM

LZ LIME BACK OB

LZ CHART BACK YAMAME

M LIME GOLD

M KINKURO

M AKAKIN

M PINK BACK OB

PA-MARK MAT TIGER

あっという間に解禁となるネイティブトラウトゲーム。そろそろ準備はいかがですか?

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。