ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

そのミノー流れを制す。46mmで4gのヘビーウェイトミノー「メガバス グレートハンティング・ハンプバック」/2021年1月末登場

新製品総力特集2021

小粒で重い。流れの中でしっかり泳ぐ。

渓流から本流域、アップやダウンでトラウトを攻略していく際に欠かせない「ミノー」には、この2つの要素が求められると思うんです。

しかし、重いルアーは得てして泳ぎにくい。軽くすると流れに負けてしまう。これらの要素は相反することも事実。だからこそ、この2つの要素のバランスをうまく保つ”流れを制す”ミノーが名作と言われるのではないかと。

2021年1月に登場。こちらのミノーはどうでしょうか。

 

G.H.HUMPBACK(グレートハンティング・ハンプバック)【メガバス】

2021年1月末登場予定

開発期間は実に3シーズンという、長い開発・テストの末、いよいよ登場するハイレスポンス後方重心ヘビーシンキングミノー「G.H.HUMPBACK(グレートハンティング・ハンプバック)」シリーズ。

■GH64 HUMPBACK/Length:64mm Weight:8.3g Type:Fast Sinking Hook:#8×2 メーカー小売価格:¥1650

■GH51 HUMPBACK/Length:51mm Weight:5.1g Type:Fast Sinking Hook:#12×2 メーカー小売価格:¥1628

■GH64 HUMPBACK/Length:46mm Weight:4.0g Type:Fast Sinking Hook:#12×2 メーカー小売価格:¥1595

 

ハンプバック=背中のこぶ・猫背

64・51・46mmの3サイズがラインナップ予定で、見た目には大きくせり上がった背中(ハンプバックボディ)と、薄いボディシェイプが特長的。

これにより、ヘビーウエイトでもしっかり泳ぎ、かつ高速ロールアクションやトゥイッチでの平打ちによる明滅・形状変化の視覚効果が向上。もちろん高比重ボディと後方重心バランスによるキャスタビリティは言わずもがなで、激流に流されることなく狙ったレンジを攻めることが可能に。

 

カラーラインナップ

 

プロスタッフのインプレッション

福山 正和/開発期間3シーズンの末…

福山 正和(Fukuyama Masakazu) プロフィール

元プロスノーボーダーで、ファッションモデルとしても活躍していたという異色の経歴の持ち主。 山歩きの経験を活かし10代から渓流釣りに傾倒、現在にいたる。 ファッションブランドMan of Moods(MofM)を設立し、プロデュースするなど多方面で活躍中。

流れに対し強く活きるミノーアクション、レスポンス向上を徹底的に追求。流れに負けないアクションを意識した設計です。アップストリームでは流力、流心に負けず切り込む強いアクションでアピール。ダウンストリームでもきっちり粘りアクション姿勢をキープ。流れでアクションはキープできても巻き抵抗は強すぎる。巻き抵抗を軽減するとアクションが流れに負けてしまう。試行錯誤の結果、あらゆる流れに強くパワフルなアクションで、加えて巻き抵抗の心地いいルアーに仕上がったと思います。

 

永嶋 佑基/流れを制す新たな武器

永嶋 佑基(Nagashima Yuki) プロフィール

北海道在住、30代前半、北の大地の鱒追人。 道央圏をメインフィールドとしており、季節や狙うターゲットによっては道内各地に足を延ばして釣りを楽しむ。釣り以外には、スノーボードのライダーとして活動、サーフィンやゴルフなど四季を通して北の大地で趣味を満喫しているアウトドア派なサラリーマン。Megabass Great Hunting Pro staff。

ビッグトラウトであっても小さいものにしか反応しない場面は多々あります。ルアーサイズを落とせばウエイトも軽くなり、意図するポイントへ届かないのが難点でしたが、クラス最高峰の高比重、後方重心バランスは狙ったポイントへのアプローチを容易にし、HAMPBACKの名前の通り、背っ張りで高い体高から発するフラッシングによる明滅効果により今まで引き出せなかった魚へのアピールが可能になりました。

 

小林 智徳/異次元の可能性を秘めたHUMPBACKシリーズ

小林 智徳(Kobayashi Tomonori) プロフィール

岐阜県在住 長良川水系をホーム河川にトラウトをメインに楽しむアングラー。 トラウトのみならず、夏は鮎釣りも楽しみ、ソルトルアーも嗜むマルチな一面も持ち合わせる。

メインで使用している64mmサイズはホームの長良川本流の広い川幅にも対応し、クラス最高峰の高比重と後方重心でロングキャストが可能。ブレのない安定した飛行姿勢で着水時や初動でのライン絡みが激減。また、流れの強い深瀬などの”淵”で素早く沈めたい時などにも威力を発揮。粘り強く破断しにくい泳ぎでレンジコントロールも容易に。3サイズあるのでスレた魚などへはサイズダウンでアピールすることも可能です。

 

 

G.H.HUMPBACK(グレートハンティング・ハンプバック)の登場は2021年1月末予定。

これは気になるルアーが出てきましたね。早く来シーズンの実釣で使ってみたいです!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。