ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【実は日中でも楽しめる】漁港内と回遊のアジを釣り分けるには?杉山代悟のディアジングゲーム攻略術

連載:ジャッカルソルト
寄稿:杉山 代悟

皆さんこんにちは。杉山代悟です!

12月に入り、冷え込む日が多くなってきましたね。寒くて釣りに行くのが嫌になってしまいがちですが、この寒い時期だからこそ楽しい釣りがあります。

その釣りはアジング。冬は釣れないようにも感じますが決してそうではなく、数もサイズも楽しめるシーズンになります。

今回は、その冬のアジングについてお伝えしていきたいと思います。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの若きエース。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

 

デイでも楽しめるアジング

基本的にアジングはナイトゲームがメインですが、場所や釣り方が合うと実はデイアジングも成立するんですよ♪

漁港や堤防の先端は一級ポイントで、影がある浮桟や海藻が生えているエリアは日中アジが身を隠している場合があります。

回遊性のあるアジは潮通しの良い堤防の先端を通ることが多いため、外側に面した堤防がオススメ。

 

漁港内のニュートラルなアジにはリアクションが有効

漁港内にいるアジはニュートラル状態で、あまり食い気がない傾向があるためリアクション要素を入れたルアーで食い気を誘います。

 

その場合にオススメなのが、「キビキビダートジグヘッド」に「キビキビナーゴ」。

キビキビダートジグヘッド

キビキビナーゴ

 

強めにアクションさせることで左右にダートするため、食い気のないアジにスイッチを入れることができます。

2.3回強めにアクションさせたら、一瞬のステイを入れるとステイ中にアタリが出るはずです。

 

回遊性の高いアジにはナイトゲームのスローな誘いでも効果アリ

回遊性のあるアジは昼間もエサを求めて動き回っているため、ナイトゲームのスローなアクションでもバイトしやすい傾向にあります。

 

一定レンジを細かなアクションとカーブフォールを使い、誘いをかけていく釣りです。

スイスイスイムジグヘッド」や「アジマメマイクロジグヘッド」と「ペケリング(3in/2.5in/2in)」や「アミアミ」などの柔らかめのワームで狙ってみると良いと思います。

スイスイスイムジグヘッド

アジマメマイクロジグヘッド

ペケリング2in

アミアミ

 

時合の時は効率の良いメタル系で

また、夕方は時合に突入するため、ジグ単でバンバン当たりが出る状況になれば、「ナノバイブ」や「ナノドロップ」といったメタル系を入れてあげると手返し良く釣りをできると思います。

 

日中は割と深いレンジ。中層〜ボトムに魚が固まりがちなので、ジグ単やメタル系両方の釣りでも一旦ボトムまで着けてから誘い上げてくると反応が返ってきやすいです。

釣れた時の嬉しさはナイトゲームでは味わえないデイゲームのアジング。ぜひ楽しんでみては如何でしょうか?

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!