ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

いい意味で裏切られた?ブルーブルー×インクスレーベルのスペシャルコラボルアー「エビコン」開発裏話

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」

先日の紹介に引き続き…、今回はブルーブルー×インクスレーベルのSpecialコラボとなる「エビコン60S」のご紹介。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

 

いい意味で”裏切られた”開発裏話

この【エビコン(Shrimp Complex)】は名前が表すとおり、ボトムに居るエビが驚いてピュッピュッピュッと上方へ跳ね上がって逃げ、その後小さな脚を一生懸命に掻きながら、また下方ボトムへ向かってスーッと逃げる様をメインのモチーフにしたシンキングプラグです。

 

プラグ作りというのは本当に面白いもので、製作過程においてイメージしていた要素(アクション)とはまた別のセンテンスが勝手に産まれてきます。それは正にプラグ自身が「僕はこうなんだ!」とアピールするがごとく自然に産まれてくるものであって、これがまた制作者を良い意味で裏切ってくれるのです。

エビコンもまたその点において「秀逸な裏切られ方」をしました(笑)

 

底餌的な要素を求めたのだけれど…

そもそもこのプラグの製作過程において最も意識したのは「ボトムスタンディング」「トゥイッチによる左右ダート」の二点。

それは取りも直さず根魚をメインターゲットとしたプラグに不可欠な「底餌的な要素」であったわけですが、ウエイト位置や重量やそれに連なる立ち姿勢やフォールスピードやダートアクションなど、バランスの見直しや変更や微調整を重ねる中、なんと副次的に出てきたのは着水からのステディリトリーブ時の秀逸なアクションでした。

これが想定以上に素晴らしくて、ボトム攻略プラグである事を忘れるほどの仕上がりっぷり。このエビコンのフォルムは、ボトムでの立ち姿勢とスタック回避性能を求めて頭でっかちで極端なフロントウエイトバランスにし、さらに左右ダートさせるためにオデコの上に設置したラインアイが特長的。

 

この時点ではリトリーブアクションにさほど重きを置いていなかったのですが、普通に巻いてみると、んん?こりゃ凄いイケてるじゃあねえか!とビックリ。頭でっかちとオデコアイが功を奏して、あまり見ないタイプのベリータイトなウォブリングに仕上がったのです。

スローリトリーブでは狭い振り幅でユラユラと揺れ、ファストリトリーブでも狭い振り幅のままコトコトコトコトと小気味よく動いてくれます。こりゃあ巻きだけでも相当釣れますよ(笑)

 

実釣動画をチェック

ってことで、実釣動画を二本見て頂きたいと思います。

激夏!!暑くて楽しい小物釣り Fishingドキュメンタリー【ライトゲームマニア】

まずは夏に15cm程度の超小型メッキを釣るシーン。

沢山居たのでジグやメタルバイブやミノーなど色々使って遊んだのですが、なかでもエビコンがずば抜けて優秀。ちょっとスレてしまって他のルアーで巻くだけではチェイスで終わる中、エビコンでワインドダートを掛けると猛然と襲いかかってきました。

出典:YouTubeチャンネル「 INXテレビ」

 

エビコンの魅力を知り尽くした加来 匠が実釣解説します。

そして、もう1本は先日東京湾で行ったプロモーション動画のための実釣ロケ。

前半、本命はチヌキビレ狙いで始め、ボトムからのリトリーブでナイスサイズのチヌがヒット。続いてチヌキビレを釣ろうとあれこれボトムの釣りを展開するも、急激な冷え込みのせいかボトムでは反応が得られない。そこでリトリーブの釣りに切り替えるとシーバスの猛攻。

動画では2シーンくらいにカットされていますが、スタッフに「シーバスはもう良いからチヌ釣って下さい」と止められるほど、釣る気になれば一投一匹ペースで喰ってくる始末^^;

後半は護岸際のシャローテトラ帯でボトムゲーム。これがヤバイ。

まあココでのターゲットはカサゴですが、元来こういった荒根やガレ場や堤防敷石際などでのキジハタ・アカハタや、河川・河口部でのチヌ・キビレを攻略するために作ったボトムプラグ。だから当然のごとくもうボッコボコのボコ。

テトラの落ち際や岩と岩の間などに投げ込んでボトムを取り、チョンとワンアクション入れるだけでガツンと喰ってくるの連続。堪りません。

出典:YouTubeチャンネル「BlueBlueFishing ~ブルーブルー株式会社~」

季節はすでに冬に突入してハタ系はシャローから離れちゃったので、冬シーズンでも安定のカサゴに遊んで貰いましたが、来シーズンの夏根魚ゲームが今から待ち遠しいですなあ^^

 

SNSでの実釣レポート