ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【自分に合ったライン選んでますか?】サンライン「シューター」シリーズ4つの特長的なフロロカーボンライン

厳しい寒さの中、貴重なバイトを取る・ブレイクすることなく魚をキャッチするには強くて感度の良いフロロカーボンラインが重要。

もっと言うと、カバーではとにかく強いラインを使う、ショートバイト対策でアタリが取りやすいラインを使うなど、ラインの使い分けが重要な場面も多々。

自分の釣りに合ったライン、ちゃんと選べてますか?

 

シューター

サンライン公式「シューター」詳細ページはこちら

 

「勝つために。」が、コンセプトのトーナメント専用ライン。

日米のトッププロが要求する”超高感度性””強靭性””耐久性”をポンド別にハイレベルに追求した結果、超低伸度という特性をベースに「フィネススペシャル」「マリオネットスペシャル」「パワースペシャル」という3つのタイプにカテゴライズ。

lb数によって特性を変えていることで、カバー撃ち・ライトリグなどしたい釣りに合わせたラインセレクトが可能。

また特殊なコーティングが施されていて「ラインの表面をクリアカラーで塗装を掛けている」ようなイメージのこのラインは「硬さと伸びの少なさを高次元で実現、特に沈下スピードが早い」というのも特筆すべき点。

【琵琶湖プロトーナメントB.A.I.T.】2年連続AOY 冨本タケルのメインパターン「ノーシンカーリグ」について本人に聞いてみた

 

フィネススペシャル(3lb~9lb)

細いポンド数のラインに求めたのはライトリグの操作性向上。ベイトフィネスにも最適な直進性・高強度・粘り感が最大の特長。ライトラインでの攻略範囲をさらに拡大されます。(50mマーキング入り)

規格 LB 3 3.5 4 5 6 7 8 9
110yds. (100m)
単品
参考号柄 0.8 0.9 1 1.25 1.5 1.75 2 2.25

 

マリオネットスペシャル(10lb~20lb)

10lb~20lbという太さは、テキサスリグやラバージグなどの釣りに最適な高感度設計。

規格 LB 10 12 14 16 18 20
165yds. (150m)
単品
参考号柄 2.5 3 3.5 4 4.5 5

 

パワースペシャル(22lb~30lb)

22lb以上という太いラインナップは対ヘビーカバースペシャルとして、高強度・耐摩耗性・直進性に特化した仕様に。

規格 LB 22 25 30
110yds. (100m)
単品
参考号柄 6 7 8

 

シューター・FCスナイパー

サンライン公式「シューター・FCスナイパー」詳細ページはこちら

 

どんな釣りにも対応する世界基準のバーサタイルライン

続いては清水盛三プロがプロデュースしたことでも有名な「シューター・FCスナイパー」。特長は絶妙にしなやかな糸質ながら、耐摩耗性は高く、さらに高感度という点。一見すると相反するような性質ですが、ベイト・スピニング問わず、またプラグやワーミングなどどんな釣りにも対応。タックル1本でいろいろ使いまわしたいオカッパリでも人気のライン。

規格 LB 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 6 7 8 10 12 14 16 18 20
110yds.(100m)単品 dia.(mm) 0.115 0.128 0.14 0.15 0.16 0.17 0.18 0.19 0.2 0.225 0.245 0.265 0.29 0.31 0.33 0.35 0.365 0.38

 

シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA

サンライン公式「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」詳細ページはこちら

 

アタリやラインの軌道が見える

下野正希プロが4年という長い歳月を掛けてプロデュース。前作の「FC スナイパー BMS」に改良を加え、さらに進化させたフロロカーボンライン。最大の特長はもちろん、感性工学に基づいて選別・配色されたカラーがラインについていること。ラインに出る繊細なアタリやルアーの軌道を目で確認でき、特にシビアな状況でも効果的だと言われるライン。

規格 LB 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 6 7 8 10 12 14 16 20
110yds.(100m)単品 dia.(mm) 0.14 0.15 0.16 0.17 0.18 0.19 0.2 0.225 0.245 0.265 0.29 0.31 0.33 0.35 0.38

 

シューター・FCスナイパー インビジブル

サンライン公式「シューター・FCスナイパー インビジブル」詳細ページはこちら

 

存在感ゼロのストラクチャーカラー

見える「AZAYAKA」に対し、庄司潤プロがプロデュースしたのは見えない「インビジブル」。

魚に与えるプレッシャーを最大限排除すべく開発されたラインで、ストラクチャーカラー(ウィード、岩、木など)を意識したラインカラーセレクトが最大の特長。特に琵琶湖をホームとする庄司プロのこだわりで、琵琶湖に生えるウィードのカラーになっているという。

汎用性が高いのもこのラインの特長で、庄司プロはパンチングをはじめ、テキサス、ヘビキャロ、スピナーベイト、チャターベイト、クランクベイトなど、ほとんどの釣りをこのラインでこなしているんだそう。

規格 LB 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5 6 7 8 10 12 14 16 20
82.5yds.(75m)単品 dia.(mm) 0.14 0.15 0.16 0.17 0.18 0.19 0.2 0.225 0.245 0.265 0.29 0.31 0.33 0.35 0.38

 

 

汎用性の高さor専門性の高さ、感度の良さorしなやかさ、見えるor見えない…など、ラインを選ぶ基準はさまざま。

大事なのは「自分の釣りに合っているラインを選べているかどうか」ということ。

 

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!