ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【何を基準に選んでますか?】素材を見るとわかりやすい、サンラインの冬バスに使いたいライト系PEライン

パワーフィネス、バイブレーションの釣り、ディープでのライトリグなど。

特にその「感度の良さ」「キャスタビリティ」そんな特性が活かせる”冬の釣り”で、このところ良く目にするPEライン。

ところでそのPEライン、何を基準に選んでいますか?

 

サンラインのPEライン

サンラインのPEラインには、バスにソルトと様々な種類があり、またそれぞれに「強さ」だったり「沈む」だったりという特長があります。その特長を見て自分に合ったラインを選ぶわけです。

で、特長を左右するのがラインの素材。サンライン公式HPを見ると必ずどんな素材を使っているかの記載があり、記者もよく参考に。

D-Braidなら「HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ)」という素材を使用

改めて表にしてみるとこんな感じ。ナイロンやフロロに比べ、しなやかで伸び率が極少というのはPEライン共通の特長。

素材名 沈降速度(比重) 強力/直引張り 柔軟性 伸び率
SUPER PE(スーパーPE) 0.97(漂う) ナイロンの約2.5倍 しなやか 極少
EX-PE(エクセレントPE) 0.97(漂う) ナイロンの約3倍 しなやか 極少
HG-PE(ハイグレードPE) 0.97(漂う) ナイロンの約3.5倍 しなやか 極少
HQ-PE(ハイクオリティーPE) 0.97(漂う) ナイロンの約2.7倍 しなやか 極少
ULT-PE(アルティメットPE) 0.97(漂う) ナイロンの約3.5倍 しなやか 極少
HG-PE タイプⅡ(ハイグレードPE タイプⅡ) 1.05 ナイロンの約3.2倍 しなやか 極少
HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ) 1.1〜1.24(号柄別設計) ナイロンの約3.2倍 しなやか 極少

 

例えば、D-Braidは表の一番下「HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ)」という素材が使われています。

沈降速度(比重)を見ると、他に比べ重く沈むタイプ。で、強度はナイロンの3.2倍ということでMAX3.5倍から考えると上から2番め。つまり、沈む上に強いラインというのがわかると。

では、バスで使用されることが多いというPEラインについて”素材”という観点で見ていきましょう。

 

シューター・デファイアー D-Braid【サンライン】

2020年に登場し、話題となっている”沈む”PEライン「シューター・デファイアー D-Braid」。

サンライン公式「シューター・デファイアー D-Braid」詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

“HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ)”が使用されているので、PEラインなのに比重が重いのが特長。

先程の表を見ると1.10~1.24という比重で、この比重はナイロンラインとほぼ同じ。だから沈むんです。言い換えると、ナイロンラインを使う感覚でPEラインのメリットを活かした釣りができるということ。

規 格 号 柄 0.5 0.6 0.8 1 1.2 1.5
120m単品
アベレージ強力(LB) 7 9 11 13 15 19
直強力MAX
LB 8 10 12 16 20 25
Kg 3.6 4.5 5.5 7.3 9 11
比重 1.24 1.19 1.14 1.1 1.18 1.15

 

比重が重い理由

「HG-PE タイプⅢ(ハイグレードPE タイプⅢ)」という素材は4本に加え、芯に高比重繊維を織り込んであるため比重が重くなっているようです。

また、強度はナイロンの約3.2倍。MAX3.5倍に次いでの強度なので、沈むことに加え強いというのも特筆すべき点なのは前述の通り。

2020年の春に登場したこのラインが、本格的な冬シーズンを迎えるのは初めて。既にディープのライトリグで使用していい結果も出てるみたいですよ!

ディープのライトリグには”沈む”PEラインが好相性。サンライン田中和希の「D-Braid」の使い方

 

ソルティメイト スモールゲームPE-HG【サンライン】

続いては、桧原湖などのスモールゲームや、ハイプレリザーバーのディープゲームなどで、テスター陣がこぞって0.3号や0.4号などの細い番手を使用するという「ソルティメイト スモールゲームPE-HG」。ソルトファンにはお馴染みですよね。

サンライン公式「ソルティメイト スモールゲームPE-HG」詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

この「ソルティメイト スモールゲームPE-HG」は4本組で、素材には“HG-PE(ハイグレードPE)”を採用。

先程の表で見てみると、強度がナイロンに約3.5倍! このHG-PEは強さに特化したPEラインであることがわかります。

感度の求められる極めて繊細な釣りをするとなると細番手、それでいてビッグバスの強い引きに耐えるとなると”強い”このラインにアドバンテージがあるというわけです。

規格 号柄 0.15 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6
150m単品 LB 2.5 3 5 6 8 10
直強力(kg)MAX 1.2 1.6 2.1 2.9 3.3 4.2

 

SIGLON PE×4/SIGLON PE×8【サンライン】

続いては、バスに限らずオールジャンル使えるハイコスパ4本組PEライン「SIGLON PE×4/SIGLON PE×8」!

サンライン公式「SIGLON PE×4SIGLON PE×8」詳細ページ

ラインカラーがグリーン単色と、10mごとに5色になっているマルチカラーが選べるのもポイント。

 

特長はこんな感じ

4本組と8本組の違いはありますが、素材はいずれも“EX-PE(エクセレントPE)”を採用。

こちらも先程の表に照らし合わせると、強度はナイロンの約3倍。全体のちょうど中間くらいの強さですね。汎用性が高さがうかがえます。このEX-PEは張りのある糸質が特長とのことで、トラブルが少ないというメリットも。

初めてPEラインを使ってみるなんて方は、まずはこちらを試してみるのもアリかもですね。

ちなみに4本組はハリとコシが特長で、8本組は滑らかさが特長とありますので、好みで選べるのも魅力の一つ。

 

ここで紹介したPEラインはごくごく一部。素材に注目して、自分の釣りに合ったPEラインを探すのも面白そうです!

 

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!