ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【更に履きやすくてさらに丈夫に!】ダイワの最新「ウェーディングシューズ」を紹介

新製品総力特集2021

ダイワから2020年12月にウェーディングシューズがデビュー! 早速紹介してきます!! って言いたいところですが、ダイワにはどんなウェーディングシューズがあるのか? 簡単に紹介しておきます。

 

左:ソルトウェーディングシューズ SW-2500 右:ダイワ ウェーディングシューズ WS-2500

 

今回紹介するアイテムを省くと、2アイテムがラインナップ。「ソルトウェーディングシューズ SW-2500」は比較的、耐衝撃性重視。コスレや水圧に強く、見た目にも拘られたモデル。

ダイワ ウェーディングシューズ WS-2500」に関してはフィット感・機動性・履き心地を追求したモデル。モチロンこちらも見た目はお洒落。

では、これから登場する新作のウェーディングシューズは一体どんなものなのか?

 

ダイワウェーディングシューズ【ダイワ】
WS-2501C(フェルトスパイクソール) WS-2201C(フェルトソール)

2020年12月登場

新たに登場した「ダイワウェーディングシューズ(WS-2501C/WS-2201C)」は文頭で紹介した2アイテムのイイとこ取り!

作りは頑丈なのに、軽くて極めて柔軟で超履きやすい! 指先や足先がキチンと曲がるように設計されています!

アイテム カラー 25.0 26.0 27.0 28.0 29.0 本体価格(円)
WS-2501C ブラウン 16,200
WS-2201C ブラウン 15,600

ダイワ公式「ダイワウェーディングシューズ(WS-2501C/WS-2201C)」詳細ページはこちら

 

頑丈な素材

アッパーには、”引裂き”、”摩擦”、”摩耗”に強いインビスタ社の【CORDURA Fabrics】を採用。耐久性が抜群な素材となっております! また、アッパー左右両サイド部は縫い目の見えないサイドウォール仕様。

 

屈曲性と高いグリップ力を誇る2タイプのソール

ソール部も2種類から選べるように! これまでと同様スパイクタイプ(WS-2501C)と、新たに追加されたフェルトソールタイプ(WS-2201C)がラインナップ!

スパイクタイプ(WS-2501C)

 

フェルトソールタイプ(WS-2201C)

 

両ソール共に、高い屈曲性に優れながら高いグリップ力を誇るスーパーキュービックセンサーソールを採用! 更に衝撃を吸収する素材のEVAミッドソールをも搭載!

 

履きやすく排水性も確保

履き口は脱ぎ履きしやすいようにクロロプレン仕様。ウォータースルー(水抜き穴)システムにより排水性も確保。

渓流や海、河川のウェーディングゲームはモチロン、その他足場の不安定なフィールドでも大活躍。履きやすくて傷みにくい、長時間履いても疲れにくいので、快適に釣りが楽しめます。

是非、参考にしてみてくださいね!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!