ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬のメバリング・カサゴゲームでオススメ!マイクロワインド専用ワーム「スパーク40・スパーク55」を紹介

SWライトゲームで効果的なメソッドの1つ「マイクロワインド」。

マイクロワインドは、小型ジグヘッドに小型ワームをセットしたモノを、左右にダートさせて誘う攻め! リアクション効果も望め、これから旬を迎えるメバルやカサゴに対する有効なテク! また日中にも効くテクとして知られています。

さて、今回はそんなマイクロワインド用としてオススメのワームを紹介!

 

スパーク40/55【アクアウェーブ】

今回紹介したいワームは、マイクロワインド専用として作られたワーム「スパーク40/55」。

「スパーク40」がまず初めにリリースされ、その後2019年にサイズアップモデルの「スパーク55」が登場!
マイクロワインドのしやすさ、釣果のよさかあ発売以来、多くのライトゲーマーから支持を受けているワームです。

 

それでは、スパーク40/55の特長を見ていきましょう!

 

セットが超簡単で耐久性も抜群

耐久性の高いタフネス素材を採用

ワーム素材に耐久性の高いタフネス素材が使われていて、身切れやズレが少なくてワームが長持ち!

 

イージーフックセット構造Ⅱ(PAT.P)

ワームを交換する場合も、”イージーフックセット構造Ⅱ(PAT.P)”が採用されていて、最初からフックの通る穴が設けられており、誰でも簡単にセットが可能!

 

耐久力のあるワーム素材と簡単なセットで、キャスト数も増えて効率よく魚を拾えます。

時合も逃さず、バイトチャンスも大幅にUP! プラグのように素早く広いエリアをサーチすることが可能。

記者自身、この耐久性の高さ、超簡単にリグれる点を、いつも現場で実感!
初心者でも扱いやすいワームだと思います。

 

A.W. LOCK HEADと相性が◎

専用ジグヘッドである「 A.W. LOCK HEAD 」と組み合わせることで、より左右に激しくダート! モチロン他のダート系ジグヘッドでも使えます。

 A.W. LOCK HEAD 」に合わせる場合、「スパーク40」は1.5g~3.0g、「スパーク55」は♯4 の3.0g~10.0gがオススメ!

エリアによって水深や潮流など、紹介したセッティングで使いにくい時は、他のサイズを色々試して調整してみるのも良いと思います。

 

セットする時は”へ”の字型で

 A.W. LOCK HEAD 」にセットする時のワンポイントアドバイスとして、以下の写真のように”へ”の字型にセットすることがポイント。

ワームの後部が少し下に垂れ下がるようにセットするという事です。こうすることで、よりダートアクションが際立ちます。

 

誰でも簡単にワインドアクションがだせます!

マイクロワインドのアクションって少し難しいという印象がある人も多いかもしれませんが、基本さえ頭に入れておけば簡単!
その基本というのが、トゥイッチやジャークで誘ってからカーブフォール。

ロッドを煽って誘い、カーブフォール(ラインを張りながら待つ)。食わせの間を与えることが肝心で基本カーブフォールで、コンッてアタるので、その時にアワせます。

そう考えると何も難しくなく、後は狙いのターゲットに応じて攻めるだけ。
例えていうならアジや小型の回遊魚なら表層から中層。根魚ならボトムを攻めるという感じ。

また以下にアクション動画や、スパークの使い方を詳しく紹介した記事も貼っていますので、そちらも、ぜひチェックしてみてくださいね!

アクション動画

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」

 

関連記事

マイクロワインドで狙うカサゴ(ガシラ)ゲーム講座【癒しの釣り】

マイクロワインド超解説!アジメバ・ライトロックほか、あらゆるライトSW魚種で有効な万能攻めを紹介

【オカッパリ・マイクロワインドゲーム】岸からのSWゲームで色んな魚を反応させることが出来る万能攻めをご紹介!

 

カラーバリエーション&スペック

カラーは「スパーク40」が25色。「スパーク55」が8色になっています。記者個人的に気になるのはゼブラグロー! 夜使ったらヤバそうですよね。

 

スパーク40

サイズ 数量 本体価格
40mm 8本入り ¥500(税抜)

 

スパーク55

サイズ 数量 本体価格
55mm 7本入り ¥500(税抜)

 

マイクロワインド。これからの時期のライトゲームでかなり活躍してくれるので、ぜひ試してみてくださいね!