ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エステルラインとPEラインのいいとこ取り。ティクトの沈むPEライン「ライム」

近年、より繊細なアプローチが必要だと言われるメバリング。

その小さなアタリやわずかな潮流の変化を捉えるべく、エステルラインを導入するアングラーもいるとか。

エステルラインの感度は欲しい、でも大型が来たときは強度に少々不安がある。

そんなときに、こんなライン。

 

ライム【ティクト】

ティクトから2020年に登場したアジメバ系ライトゲーム用PEライン「ライム」。

ティクト公式「ライム」詳細ページはこちら

 

沈む

このライム」の最大の特長は高比重で沈むこと。

 

PEラインの比重は、水の比重1.00(海水の比重が1.03〜1.04)よりも軽い約0.98と言われ、一般的には浮くという認識です。このライムの比重は0.3号(4.6LB)で1.35。 つまり水の比重を上回り水中に沈むと。

ちなみに、ナイロンラインの比重は約1.14程度で、エステルラインの比重は約1.38程度。比重だけでいうと、エステルライン感覚で使えるPEラインということですね。

比重があって、伸びない。つまり、多少の風でも素早く水面に落ちる。加えて水中でラインを一直線に張りやすくなる。となると、ジグヘッドをコントロールさせやすくアタリも取りやすい、さらに水中のイメージもわかりやすいと。

 

また、ブレイドラインながら極めて真円になるように、オリジナル設計が施されていて、トラブルも軽減。

水馴染みも良くて、糸を張った状態を保てるので「状況把握」に長け、軽いルアーでも水中イメージをしっかりと伝えてくれます。

もちろん、フロートリグやトップウオーターなど沈まないPEラインが良い場面もあるので、状況に応じて使い分けたい所。

 

スペックはこちら

また、10mごとにマーキングが施されていて、ライムのような黄緑のラインカラーにブラックのマーキングなので視認性がいいというのもメリットの1つ。

号数は「0.3号(4.6LB)」と「0.4号(5.5LB)」の2パターンがラインナップ。

商品名 号数(直強力) 比重 糸巻量 メーカー希望
小売価格(税別)
ライム 0.3号(4.6LB) 1.35 150m
(10mピッチ
ブラックマーキング)
¥3,200
0.4号(5.5LB) 1.30 ¥3,200

 

ちなみにトミーさんはアジングで

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!【Vol2:ライン編】

 

ちなみにこの人、トミーさんはアジングの取材でこの「ライム」持ち込んでいました。激流ポイントや遠投が必要なポイントで、2gを超えるような重めのジグヘッドを使う時やフロートリグを使う時に使用しているとのこと。

 

 

はい、取材時に「これメバルでも使いたいなぁ」と思っていた次第です。

エステルラインの感度がほしい。でも、少し強度に不安がある。…沈むPEライン「ライム」を試してみては?

 

TICT ティクト

高知県高知市を拠点とするブランド。アジング・メバリング、グルーパーゲームなど、ライトSWゲームフィッシング関連のロッド、ルアー、ジグヘッド、周辺アイテムを続々と輩出中。