ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【遠投ばかりのロックフィッシュに待った!!】中距離をフィネスに攻める「ロックフィッシュボトムパワーオーシャン」新機種が面白そうだ!

ライトロック特集

出典:ノリーズ公式ロックフィッシュボトム パワーオーシャン詳細ページ

ノリーズオーシャンのロックフィッシュロッド「ロックフィッシュボトム パワーオーシャン」に新たな機種が追加となります。

追加されるのは72MH、「RPO72MHC2 MASTER OF FINESSE」

2020年12月中~下旬の発売が予定され、2021モデルとして登場するこのロッド。

面白いのがコンセプト。近年のロックフィッシュシーンではロングキャストからのゲーム展開というのが主流になりつつある気がします。フレッシュな魚も狙うことができますしね。

ただ「近中距離」でプレッシャーの掛かりやすいロックフィッシュたちをリグを巧みに操作し食わせる喜びを感じてほしい、そんなメッセージのあるロッドとなっています。

監修はミカケンこと三上顕太さん。北海道在住のテクニカルなロックフィッシュトーナメンター。

ロックフィッシュボトムパワーオーシャンのベイトキャスティングロッドの中で、最もショートレングスとなるRPO72MHC2。

サブネーム、「マスター・オブ・フィネス」の通り、繊細にリグを操れる、それも「中距離で」ってのがコンセプト。

ミカケンさんは近距離、中距離というプレッシャーのかかる魚をテクニカルに食わせるのが得意。スゴく「らしい」と感じさせる機種となっています。

中近距離をもう一度考える

ということで、RPO72MHC2は足元や半径20m圏内のテリトリーの攻略を目的としたベイトキャスティングロッド。

こうした近・中距離に潜む、プレッシャーの掛かったロックフィッシュを5~14gテキサスリグやフリーリグといったややライトなリグでも扱いやすい設計なっています。

全長

cm (ft)

Piece 仕舞寸法(cm) PE(号)/リーダー(lb.) ルアーウエイト(g) テーパー パワー 先径(mm) 自重(g) Price
219(7’2″) 2 113 #0.6∼1.5 /
8∼16lb.
5-18 EX-Fast Med-Heavy 1.8 144 ¥53,000

ノリーズ公式ロックフィッシュボトムパワーオーシャン詳細ページはこちら

リグを思い通りに動かせるロッド

中~近距離のショートディスタンスゲームでは、時に魚がいても口を使わないということがある。

岸壁であれば縦の釣り、地形の変化などを狙う横の釣りもあるほか、チャター系やスピナーベイトを使った巻きの釣りなど。

ベイトモデルで最も繊細さを持つRPO72MHC2は、そうした状況でのリグの操作感を重視したモデルで、意のままにコントロールすることが可能。

繊細かつ適度な張りを持つティップと大型根魚にも負けないバットパワーを有し、かつキャスト時の取り回しの良さも追求した短めのレングス設計。

誘う・掛ける・捕るの一連の流れを思いのまま操れる、「攻めのフィネス」に仕上がったロッドです。

 

 

ガイドに関してはこれまでのシリーズと同様、チタンフレームトルザイトリングガイドをアレンジしたKRコンセプトで配置してあります。

軽さと感度を追求し、ベイトキャスティングロッドにはPTSリールシートを採用してあります。

ブランクタッチ構造で、さらにメインブランクにも人差し指で直接触れられるフロントグリップレススタイルになっています。

手の中にしっかり収まり、握りやすさも抜群の設計です。

ノリーズ公式ロックフィッシュボトム パワーオーシャン詳細ページはこちら

発売は2020年12月発売予定。

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。