ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クラス最高峰のトラウト用ヘビーシンキングミノー「メガバス グレートハンティング・ハンプバック」の実際のアクションとは

先日お伝えした「メガバス グレートハンティング・ハンプバック」登場のニュース。

そのミノー流れを制す。46mmで4gのヘビーウェイトミノー「メガバス グレートハンティング・ハンプバック」/2021年1月末登場

※写真は「GH46」

メガバス公式「GREAT HUNTING GH46 HUMPBACK」詳細ページはこちら
メガバス公式「GREAT HUNTING GH51 HUMPBACK」詳細ページはこちら
メガバス公式「GREAT HUNTING GH64 HUMPBACK」詳細ページはこちら

 

小粒で重い、流れの中でもしっかり泳ぐ。という、せり上がった背中が特長の渓流・本流トラウト用ハイレスポンス後方重心ヘビーシンキングミノーなんですが、百聞は一見に如かず…というわけで、実際のアクション動画がメガバス公式「Megabass Channel」にて公開。

 

【渓流】流れを制す、新たな武器。「GH HUMPBACK」アクション動画

出典:YouTube「Megabass Channel」

 

流れを制すアクション

 

着水からの後方重心による尻下がりのフォール、立ち上がり、高速ロールアクション、トゥイッチでの平打ち。そして、強い流れの中、破綻するのことないアクションにぜひ注目!

 

登場は2021年1月末とのこと。あの淵で、あの反転流で、あのヨレで…ぜひお試しあれ!

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。