ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

繊細かつ強靭!ロードランナーストラクチャーNXS-720Hがダイラッカに向く理由

前回、ノリーズプロスタッフ山口敦史さんに聞いたダイラッカの使い方をご紹介しました。

で、その時に使用していたロッドがロードランナーストラクチャーNXS。

使用が想定されるアプローチに特化した弾性率を持つブランクスなど、伊藤巧プロがプロダクトマネージャーとなり大きく変わったNXS

NXSとはネクストステージを意味し、「次世代バスロッド」として前作のストラクチャーシリーズから、より細分化されるアプローチに特化した機種が多くラインナップされます。

ノリーズ公式ロードランナーストラクチャーNXS詳細はこちら

強くて繊細、STN720H

さて、山口さんがダイラッカで使用していたのはロードランナーストラクチャーNXSのSTN720H

 

全長(cm/ft) Piece 仕舞寸法(cm) ライン(lb.) ルアー(oz.) テーパー パワー 先径(mm) 自重(g) リアグリップ長(mm) 価格
219 (7’2″) 2(テレスコピック) 180 14-20 3/8-1 Fast ヘビー 2.2 147 280 ¥54,000-

山口さんの実感では、初代ストラクチャーと比較しさらに軽快感があるといいます。

単純な重量だけでなく、ダイラッカのリフトアップなどのアクションでもシャープさを非常に感じるといいます。スゴく簡単にシャクれるのだそうです。

全機種Fujiチタンフレームトルザイトリングガイド。ベイトキャスティングはバット部にLRV、ベリーから先はKTを使用したノリーズオリジナルの中口径セッティングで、感度を上げる軽さと太いラインにも対応する汎用性を獲得

ダイラッカのよいラインテンションでよいフォールアクションを出す際に、軽さとそしてやや張りのあるティップセクションが非常に相性がよい。

そしてフォール中のバイトをより感じやすくなった感度面も向上しているといいます。

そして、ダイラッカにおいてはフォール時のラインテンションが重要なのは前述した通りですが、そのバックスライド気味に落ちている感触や、小さなシャクリではダートしている感触が非常に分かりやすい。

そのため、適切に動かせているかがロッドを通して伝わってくる、ダイラッカにはなくてはならない相棒なんだとか。

もちろんダイラッカだけのロッドではありません。

グリップ長などもコンパクトになり、めちゃくちゃ取り回しよくテンポよく撃っていけることとパワーと感度があるのでヘビーカバーを狙っていく釣りにはもってこい。

繊細に扱いながら一瞬で強いフッキングを入れるフリイプギルのネコリグや、ヘビーカバーにラバージグを撃ち込んでの半ば強引なフッキングが必要とされる状況でも頼りになりますよ!

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。