ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「ラピッズブレード」と「ラピッズスイマー」ダイワの2021年新作バス釣り用NEWチャター系とスイムジグを紹介

寄稿:ラピッズブレード,ラピッズスイマー,梅田京介,ダイワ,ウメキョー,daiwa,2021年新製品,
新製品総力特集2021

少し前にダイワの2021年の新作バス釣りルアー「ふく零」「ふく壱」の情報をお届けしました!

「ふく零」「ふく壱」ダイワの2021年新作バス釣りルアーを紹介【オカッパリ完全対応】

さて今回はさらに新作情報をお届け! それは…。

ラピッズブレード 【ダイワ】
ラピッズスイマー 【ダイワ】

2021年登場予定

ダイワの新作バスルアーとして2021年登場予定となっているのが、オカッパリ対応の新型チャター系「ラピッズブレード」と新型スイムジグ「ラピッズスイマー」。

画像出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

この2つは、流れのある場所でも安定した泳ぐ直進性、あらゆるスピードでも引ききれる巻きモノとして開発されたモノで、低重心化されているのが特長。

実際どんな感じのルアーなのか? またどんな感じで使うのか? については、あのウメキョーこと梅田京介さんが、自身のホームグラウンド、遠賀川のオカッパリ実釣動画で色々解説してくれているので、まずはチェック。

梅田 京介(Kyosuke Umeda) プロフィール

愛称は「ウメキョー」。九州のメジャー河川・遠賀川をホームグラウンドとするアングラーで、オカッパリ、ボートから独自のスタイルを追求する現場型。ダイワbassプロスタッフとして活動中

その動画がコレ。

プロトタイプでパワーフィッシングゲーム!in遠賀川|Ultimate BASS by DAIWA Vol.289

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

 

さて、それではこの「ラピッズブレード」と「ラピッズスイマー」についてもう少し詳しく紹介していきますね!

まず、ラピッドブレードから!

ラピッズブレード【ダイワ】

2021年登場予定

このラピッズブレードは、流れのあるトコロでの直進性、安定性を持ち、早巻きにも対応するチャター系!

構造・パーツの特長としては、直進性を高めるべく、低重心なヘッド形状になっていることがまず挙げられます。

低重心化することで、直進性・安定性はアップ、さらにチャター系に多いピックアップ寸前バイトもとりやすくなっています。

 

ちなみに浮き上がりを抑え、安定性を上げようと考える場合、一般的にはブレードは小型の方が都合がいいんだけど、このラピッズブレードの場合は、波動パワー、アピールも重視し、ブレードは大き目を採用しつつ、各所のバランスを調整することで、レンジキープしやすく、直進性を高めてあるとのこと。

 

あとフックはサクサス仕様の太軸フックが採用されていて、フッキングさせやすくなっています!

 

実釣では流れの効いたスポットで、シーバスゲットに成功

 

 

続いて「ラピッズスイマー」をご紹介

ラピッズスイマー【ダイワ】

2021年登場予定

こちらもコンセプト的にはラピッズスイマーと同じで、直進性が高く、浮き上がりを抑えた低重心化ヘッドが採用された新型のスイムジグ! ラピッズブレードが強波動系なのに対し、こちらは、やや弱波動アピール! なので状況に応じてローテするのが◎。

動画のロケでも流れの効いている水門周りでナイスサイズをキャッチ

 

以上、オカッパリで重宝しそうなダイワの2021年・新作バスルアー「ラピッズブレード」と「ラピッズスイマー」をご紹介しました!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!