ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「ふく零」「ふく壱」ダイワの2021年新作バス釣りルアーを紹介【オカッパリ完全対応】

ダイワの2021年の新作バス釣りルアーの情報が徐々に明らかになってきました。

今回、ご紹介したいのは、オカッパリでの使い勝手がよさ気な新作。それは…。

 

ふく零 (ゼロ) 【ダイワ】
ふく壱 (イチ) 【ダイワ】

2021年登場予定

ダイワの新作バスルアーとして2021年登場予定となっているのが、「ふく」シリーズ。
特長としては浮力が高く、根掛かり回避能力が高いこと。オカッパリでの使い勝手のよさが追求されたシリーズ。

ちなみに、「ふく零」は表層ウェイク的なクランク。「ふく壱」は1m前後のシャロ―を守備範囲とするクランク。この2つ以外にもシリーズ展開される予定とのこと。

なお、この一風、かわった感じのするシリーズ名「ふく」だけど、由来としては、投げて巻くだけで、誰でも簡単に「福がくる(=魚が釣れる)」という意味がこめられているそうな!

画像出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

さて、この「ふく零」「ふく壱」とは、どんなルアーで、どんな感じで実際使うのか? については、あのウメキョーこと梅田京介さんが、自身のホームグラウンド、遠賀川のオカッパリ実釣動画で色々解説してくれています。

梅田 京介(Kyosuke Umeda) プロフィール

愛称は「ウメキョー」。九州のメジャー河川・遠賀川をホームグラウンドとするアングラーで、オカッパリ、ボートから独自のスタイルを追求する現場型。ダイワbassプロスタッフとして活動中

その動画がコレ。

プロトタイプでパワーフィッシングゲーム!in遠賀川|Ultimate BASS by DAIWA Vol.289

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

 

さて、それではこの2つの「ふく」シリーズをもう少し詳しく紹介していきますね!

まず、「ふく零」から!

ふく零【ダイワ】

2021年登場予定

この「ふく零」は、ジャンルでいうと、表層クランク、表層ウェイクベイト系に分類できるルアー。

 

特長としては、高浮力ボディでラトル入り! そしてリップは薄い基盤リップを搭載していて、アクションレスポンスが高くなっています!

 

フックはフッキング率の高い、デカめサイズ! 刺さりのいいサクサス仕様のフックを採用

フックはデカめだけど、リップの配置などにより、根掛かり回避率は高い!

 

タダ巻きで引くと甲高いラトル音を鳴らしながら、モワモワとした引き波でバスを誘う

タダ巻きで引くと甲高いラトル音を鳴らしながら、モワモワとした引き波で、広範囲からバスを呼んでくれます!

 

タダ巻きだけでなく、ドッグウォークさせネチネチと食わせ系の誘いをすることも可能

あとタダ巻きだけでなく、細かくトゥイッチさせやれば、移動距離を抑えたドッグウォークでネチネチとした誘いをすることも可能。

トゥイッチすると高浮力ボディのおかげで、下方向に強めの水押し!

1 / 2
次へ