ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メタルマジックTG】岸から!船からキャストして巻くだけで色んな青物が釣れる!超ブっ飛び&超高速巻き対応の特殊テールスピンジグを紹介

新製品総力特集2021

最近、ショア、オフショア問わず、ハマチ、メジロ、ブリやサワラ・サゴシを狙う攻めとして人気なのがブレード付きメタルジグを使った巻きの釣り! 人気の秘密は、とにかく巻くだけという操作がいたってシンプルで、よく釣れること!

さて今回は、そんな釣りでオススメの最新ブレード付きメタルジグをご紹介します!

メタルマジックTG   20g 30g 40g【アクアウェーブ】

発売中

今回、紹介したいのは2020年に登場したばかりのメタルマジックTG。

このメタルマジックTGは、タングステン製ボディが採用された特殊なブレード付きメタルジグ、ジャンルでいうとテールスピンジグで、従来型のテールスピンジグとはひと味違う、スリム&コンパクトなシルエットなのが特長となっています。

 

形状も独特で、断面が三角形の低重心構造! そしてフックとブレードの位置が近い構造になっていて、かなりの超高速リトリーブでも、バランスを崩さずリトリーブすることができるのも大きな特長といえます!!

 

実際どれぐらい泳ぎが安定しているのか? ぜひ動画をチェック

動きにブレがないということは、姿勢が崩れて見切られるということもなくなるので、バイトチャンスも大幅にアップ。チェイスしてきてからのフッキングもスムーズに決まりということにつながります。

 

3ウエイトあり! またダブルフックとシングルフックの2タイプあり

ちなみにメタルマジックTGはベイトサイズや水深。または流れの強さによって使い分けられる3サイズあり。
30gと40gはパワー重視の太軸シングルフック仕様、20gはフッキング重視のダブルフック仕様

アクアウェーブ公式「メタルマジックTG」詳細ページはこちら

ウエイト 本体価格
20g ¥1,720(税抜)
30g ¥1,800(税抜)
40g ¥2,000(税抜)

強靭なパーツで構成されています

あともう1つ特長として挙げたいのが、スプリットリングやフックなど、強靭なパーツで構成されているんです!

フックは小型ボディのメリットを生かしたテールフック1本が標準装備。丈夫なスプリットリングが採用されていて、パワーのある魚種にも対応!

 

ブレードフック単体もありますよ!

フック交換用スペアパーツと使う以外に、いろんなジグやルアーに付けてみるのも面白いと思います!

【メタルマジックスペアパーツ】頑丈なパーツをふんだんに使った高強度ブレードフックが登場

 

カラーバリエーション

メタルマジックTGのカラーは全8色展開! グロー系もラインナップされていて、ナイトゲームやディープにも対応

 

 

 

さて、実際の釣りは、どんな感じで使うんだろう? って気になりますよね!

ってわけで、実釣ロケにも行ってきましたよ!その動画がコレ。

【船/サワラ・青物】メタルマジックTGでオフショアブレードゲーム/馬上憲太朗&澁川美幸

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

実釣してもらったのは馬上憲太朗さんと澁川美幸さんで広島湾でのオフショアで、このメタルマジックTGを使って実釣していただきました! 結果はサワラ、青物の連続ヒットを満喫! ホント巻くだけで、イイ魚を連発してました! ぜひチェックしてみてくださいね!

馬上 憲太朗 (Bajo Kentaro) プロフィール

1985 年1月生まれ、広島出身&在住。ホームグラウンドは山陽(山口西部、東部)&山陰(島根西部)。メバリングやアジングをはじめ、あらゆるソルトターゲットをソツなくこなすスゴ腕アングラーの1人。ターゲットを探し求め、ひと晩で異常な距離をランガンすることもある、即行動系メバリスト。趣味は釣り。ほかにモータースポーツにのめりこんだ時も…

 

 

撮影協力 : 遊漁船 魚籠 (びく)グループ(2号艇 船長 バンビー山中こと山中竜太さん)

山中 竜太(Ryuta Yamanaka) プロフィール

バンビ―山中の愛称で知られるマニア系アングラー。山口県東部がメインエリアであり、得意な釣りはアジングでありながらも、日々旬のターゲットを追い、幅の広いジャンルの釣りをこなすマルチアングラー。アジング&メバリングブランド「ECSTASY」のワーム開発なども行っている。2020年からは遊漁船の船長としても活躍中。