ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【もう一つの”アサシン”シリーズ】シマノのエクスセンス スライドアサシン 100S X AR-Cに新色登場/2021年1月登場予定

新製品総力特集2021

シーバスをはじめ、ヒラスズキ、青物、フラットフィッシュ狙いのゲームで、もはや定番となりつつあるシマノの名作ミノー「サイレントアサシンシリーズ」。

AR-C搭載で逆風をもろともしない飛距離に加え、荒れた波の中でも安定したアクションはこれまでに高い実績。記者もかなりお世話になってきたシリーズの1つ。

2021年、もう一つの名作アサシンシリーズに新色が登場予定。

 

エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C

そもそもスライドアサシンとは

100mmというキビナゴやカタクチイワシなどのベイトにジャストなサイズ感。また、頭の部分に配された”ヘッドリップ”構造で、ワイドなS字スラロームアクションと低速での立ち上がり性能に定評のある高いアピール力が特長の「エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C」。スイム時もフォール時もほぼ水平姿勢を保ち、フィッシュイーターにいかなる時もアピール。

シマノ公式「エクスセンス スライドアサシン 100S X AR-C」詳細ページはこちら

貫通ワイヤーに加え、太軸フック採用のヘビー仕様で、ランカークラスのシーバスやヒラスズキ、大型青物などもターゲットに。また”飛び”のAR-C重心移動システムを搭載し、100mmで23gというコンパクトなボディながら平均飛距離は69mというキャスタビリティに優れている点も特筆すべき点。

 

水中ルアー動画

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

2021年に登場する4色

もともと12色と豊富なカラーラインナップに新しく4色が加わり、計16色のカラーラインナップに。

014 キョウリンGS

015 キョウリンMK

016 キョウリンSB

017 キョウリンアカキン

 

品番 カラー サイズ(mm) 自重(g) タイプ 本体価格(円)
【追加】
XL-210R
014 キョウリンGS 100 23 シンキング 2,000
【追加】
XL-210R
015 キョウリンMK 100 23 シンキング 2,000
【追加】
XL-210R
016 キョウリンSB 100 23 シンキング 2,000
【追加】
XL-210R
017 キョウリンアカキン 100 23 シンキング 2,000

■フックサイズ #4×2

 

016 キョウリンSB・017 キョウリンアカキンには”強”鱗カラーを採用

今回、リアルな鱗を模した狂鱗カラーよりもさらにアピール力を高めた強鱗カラーを2色に採用。視界の悪いサラシの中や、波が高いときにもしっかり”見せて”対象魚にアピールすることが可能。

リアルだから釣れるのか?シマノの「狂鱗(強鱗)」ホログラムが釣れる理由【前編】

リアルだから釣れるのか?シマノの「狂鱗(強鱗)」ホログラムが釣れる理由【後編】

 

既存カラーラインナップ

 

カラーローテの中でさらに強弱を演出する狂鱗・強鱗カラーのラインナップの登場。幅広くなる対応力に期待大!

 

関連動画もチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。