ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【泳・跳】喰わせる系と追わせる系、2つのタチウオパターン定番ジグ!D-CLAWの「GOKUUSU」シリーズ

最盛期を迎えるオフショア青物の「タチウオパターン」。

30cmを超えるような長めシルバー系のジグを使い、タチウオをメインベイトとしている青物を狙うというもの。

オフショアフィッシングシーンで根強い人気を誇るブランド「D-CLAW」のタチウオパターン定番ジグと言えばコレですね。

 

GOKUUSU 泳(スイム)

D-CLAW公式「GOKUUSU 泳」詳細ページはこちら

 

スライドアクションが最大の特長!

見た目にもタチウオな「GOKUUSU 泳」。レスポンス優先で、極限まで薄く絞り込んだボディが最大の特長。

ちなみに公式HPにはこんな注意書き。

※レスポンス優先に極限まで絞り込んだ極薄ボディは魚を掛けたあとや、保管状況において曲がるなどの変形が起きますので、使用時には必ず針などに注意して歪みを修正してくださるようお願いします。

出典:D-CLAW公式HP

 

使い方はワンピッチでしゃくりあげてからのフォールで“スライドドリフトアクション”を演出。つまり、こちらが入れたいタイミングでスライドアクションが入れやすいというわけです。

サイズは、220g/305㎜・280g/335㎜・350g/395㎜の3サイズの展開。

青物の激戦区、兵庫県の”明石海峡”などでは、280gからスタート。潮の流れによって重くしたり、軽くしたりとローテーションさせていくのが定番みたいです。

 

GOKUUSU 跳(トビッ)

D-CLAW公式「GOKUUSU 跳」詳細ページはこちら

 

タチウオが逃げるようなダートアクション

「泳」がスライドフォールで喰わせのジグなら、こちらは強烈なダートで追わせる系のジグ!

泳ぎが上手ではないタチウオは、潮が早いときなどボトムに張り付くタイミングがあり、そんなタイミングでフィッシュイーターに追われると横に加速して逃げる習性があるようで、その動きを強烈なダートで再現。着底直後や、ワンアクション目から大きくダートスライドするのが最大の特長です。

なお、こちらも極限まで薄く絞り込んだボディ。使用時には必ず針などに注意して歪みの修正が必要。

サイズは、180g/260㎜・260g/300㎜・340g/355㎜ の3サイズ展開で「泳」と同じようにローテーションが可能。

 

今年は、青物が当たり年とか。このままいけば、年内いっぱいは楽しめそうなタチウオパターンでぜひ使ってみては。