ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サワラ・サゴシの歯に負けない!ラグゼの「アシストフック サゴシスナイパー」

今回のお話はサワラ。

夏場からはサゴシ狙いで、エリアによってはショアから狙ったり、これからは寒鰆(カンザワラ)と呼ばれるナイスサイズが楽しみな季節となりました。

サワラは回遊魚のため地域によって釣れる時期が若干異なりますが、この時期のサワラは食べても脂がのって美味だったり。

出典:がまかつ公式アシストフック サゴシスナイパー詳細ページ

今回紹介するのはがまかつ「アシストフック サゴシスナイパー」

サゴシ・サワラに狙いに合わせて設計されたライトショアジギング用のアシストフックです。

スモールシルエットのジグに合わせたショート設計に、バラシ軽減の太軸鈎仕様。

そしてサワラの歯でも切れない中芯ワイヤー入りなど、様々なシチュエーション・ターゲットを想定したスキのない設計になっています。

ここではそんな性能や特徴などをより細かく解説していきます。

ショアジギング用ジグにあわせたショート丈設計!

「アシストフック サゴシスナイパー」はオフショアにも対応していますが、メインはショアジギングのジグにあわせて設計されています。

まずポイントの一つが、スモールシルエットジグに合わせたショート設計というところ。

ショアジギング用のジグはオフショアのジグに比べ、シルエットも短く小さめです。

「アシストフック サゴシスナイパー」もショアジギング用のジグにあわせたショート丈の長さになっています。

大型青物にも負けない太軸仕様

サワラを狙っていると時折、青物にも遭遇します。

この時期の青物はブリやヒラマサといったパワーがあるため、強度の弱いフックでは簡単に曲げられバラしてしまいます。

「アシストフック サゴシスナイパー」は予想外の大物が掛かっても負けない強靭なフック設計になっています。

サワラの歯でも切れない中芯ワイヤー仕様

またフックをつなぐアシストラインの部分はサゴシ・サワラの鋭い歯でも切れない中芯ワイヤー仕様となっています。

ほかにも収縮チューブがかなり長めに設置されているため、アシストラインの保護も万全です。

フックの根元までカバーしてあるので、強度面はもちろん、アクションやキャスト中にジグに絡まるのを防ぐ効果にもなります。

 

出典:がまかつ・ラグゼ公式ファイティングリーダー詳細ページ

ちなみに鋭い歯によるブレイクを軽減してくれる「ファイティングリーダー」と併せて使用することで、よりラインブレイクを防ぎやすくなります。

ファイティングリーダー詳細ページはこちら

アシストフック サゴシスナイパーのスペック

フック PE 価格
#1 15号 ¥650
1/0 15号 ¥650
2/0 15号 ¥650

がまかつ・ラグゼ公式アシストフック サゴシスナイパー詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。