ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!【遊び道具編】

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!というわけで、気になるNEWロッドやライン、プロトのワーム、釣り方などを先日よりお伝えしております!…が、何か忘れていませんか?

そう、トミーさんといえばキャンプをはじめとする外遊び! 今回は「外遊びがもっと楽しくなる!」トミーさんの遊び道具をご紹介!

トミー敦 (Tommy Atsushi) プロフィール

…日本海・北陸・四国・中国エリアが昔からのホームグラウンド。ただ現在は日本各地でアジングを行っていて、どこがホームか?わからなくなっているそうな! 幼少期のフカセ釣り、渓流などあらゆる釣りを経験。現在はメバリングとアジングなどSWライトゲームの世界をストイックなまでに追求中! 釣り以外の趣味はキャンプ! 富山県出身、大阪市在住。1984年4月生まれ

 

①:バードコール

まずは、キーホルダーに付いていた「バードコール」

そもそもは鳥を寄せ付けるために音を出す狩猟のために使われていた道具で、現在はバードウォッチングに使われることが多いそう。

アメリカの有名な鳥獣保護団体「AUDUBON (オーデュボン)」 のバードコール

 

バードコールの使い方

木の部分をくるくる回せば「キュキュキュ」と、かなりリアルな鳥の声に聞こえるというモノ。森の中でキャンプしてるときに鳴らせばいろんな鳥が寄ってくるらしいです。

これ、記者が見ていないときに鳴らされて「けっこう近くに鳥がいるなぁ」なんて、本気で騙されるレベル。

↑実際の音をチェック

ちなみに、最近はキャンプの朝などバードコールで鳥との会話を楽しんでいるそう。早朝の河原で釣りの手を止めて鳥との会話を楽しむ。なんとも趣があります。

 

②:双眼鏡

続いては「双眼鏡」。トミーさんの実家に眠っていたという年代モノだそうで、車にずっと積んでいるとのこと。

 

双眼鏡で何を見る?

気になるのは使い方。

いわく実はイロイロ使いみちがあるそうで、車に双眼鏡を積んでおくと結構便利なんだとか。例えば、先に紹介したバードコールで寄ってきた鳥を見たり(バードウォッチング)、山の中で動物を観察。また、渓流釣りのときは飛んでる虫やライズをチェックしたり。さらに、青物系アングラーならピンと来ませんか? そう、沖のナブラを観察したりベイト種をチェックしたりもできちゃいます。

最近のモノだともっとコンパクトでハイグレードなアイテムもありますが、このオールドスクールな雰囲気がお気に入りなんだそう。

 

③:熊鈴

最後は「熊鈴」。熊の出るエリアに入る際、身につけておけば鈴の音を警戒して熊が逃げていく…というもの。

これも、山でのキャンプや渓流釣りなどもたしなむトミーさんらしいアイテム。

 

キャンプや釣りなどの外遊びを豊かにしてくれる”遊び道具”の数々。たまには竿を置いてゆっくり外遊び、なんていうのもまた一興。

 

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!【Vol1:ロッド編】

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!【Vol2:ライン編】

「トミー敦のあじすた!」ロケ現場には…気になるアイテムがいっぱいだった!【Vol3:プロトワーム編】