ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メバリング&チニング(クロダイゲーム)】NEW礁楽ロッド「SL-76LS」と「SL-75MLS」の実力とは

寄稿:門永 晴記

こんにちは!メガバスプロスタッフ門永です!

門永 晴記(Haruki Monnaga) プロフィール

メガバスプロスタッフとして10年以上のキャリアを持つ瀬戸内ソルトゲームのリアルアングラー。しまなみ海道をホームグランドとし四季折々の魚を追い続ける。広島県尾道市在住。お祭り大好き44歳。

先日ついに!新生「礁楽」のPVが公開になりました!

出典:YouTube「Megabass Channel」

 

動画を観ていただくと分かるとおり、今回の礁楽は「ロックゲーム」「ライトゲーム」「ボートゲーム」の大きく分けて3つのジャンルにカテゴライズされたシリーズとなっています。

しかし、シリーズ全てのタックルに秘められたコンセプトは同一。

「今現在の日本のソルトウォーターシーンに求められるリアルな性能。」

「そのジャンルに対してスペシャリティーでありながらも汎用性を持たせたオールラウンダー。」

「メガバスが作る、メガバスらしい、メガバスルアーの性能を最大限に引き出せるタックル。」

個人的にも、そういう意識のもとにテストを重ねてきました。

 

私がテストに関わらさせてもらったのは「ライトゲーム」のカテゴリー。特に私が最も得意とする「メバル」と「クロダイ」にスポットを当てたタックルをプロトモデルからテストしてきました!

その中で特に思い入れのあるタックルが「SL-76LS」「SL-75MLS」の2本のロッド!

今回は、メバルをメインターゲットとしながらも、多くの魚種をもカバーするライトゲームロッド「SL-76LS」、そしてこの一本でクロダイゲームを楽しみ尽くせるロッド「SL-75MLS」について詳しく説明していきたいと思います!

 

SL-76LS

SL-75MLSもそうなんですが、最初のプロトロッドは2本共に完成までの過程に「おいてどんどん理想へと近づけていきました。

私が礁楽のライトゲームロッドに求めたのは「シャープさとトルクのバランス」!

その辺は流石、世界のメガバス!新しく上がってくるサンプルを使わせてもらう度に、ロッドに求めるコンセプトは明確に出したまま、どんどんと理想に近いものに仕上がっていくのを実感しました!

 

特にメバルがメインとなる「SL-76LS」は、最終的には他にはない唯一無二のライトゲームロッドに仕上がったのではないかと思っています。

 

このロッドの最大の特長は、オーバースペックとも取れるブランクのパワーとは裏腹に、軽量なリグでも一般的なライトゲームロッド以上のキャスティングができてしまう!…そんな不思議なテーパーデザインにあります!

特にメバルゲームにおいて最も使用される、1〜1.5gのジグヘッド単体のキャスト時には、やり込んでいる人ほど驚いていただけると思います!

一見、メバルには強すぎて投げにくいイメージのブランクですが、絶妙なティップセクションの張りとロッド全体の無駄のない曲がりとでも言いましょうか?とにかく竿自体がブレない! 一般的なライトゲームロッドにありがちな、キャスト時に無駄に曲がりすぎてティップが大きくお辞儀してしまい、そこからの反動で今度は上方向に暴れてしまう「スプリングバック」が起きにくいテーパーデザインに設計されています!

それでいてスムーズな曲がりでしっかり振り抜けるので、スイングスピードを上げながらも非常に抜けの良いキャスト感覚で軽いリグも遠くに飛ばす事ができます!

よくある飛ばないライトゲームロッドは、このスプリングバック現象が原因の事が多く、結局は投げやすくするために柔らかく設定したテーパーデザインのせいでキャスト時のラインの放出を邪魔しているのです。

 

ちなみに「SL-76LS」のスペックは、【キャストMAX 12g】【ラインMAX PE1号】(※最終サンプル表示)というライトゲームロッドとしては規格外のハイパワーロッド!

そんなパワーロッドでも、いつものジグヘッド単体がいつも以上にロングキャストできるわけですから、大型メバルを狙うアングラーにとって絶対的な武器になるのは間違いない!とズバリ言い切れます!

デカいメバルほどややこしい場所に居る事が多く、今まで掛けても獲れなかった魚にもっともっと近づく事ができる!!「SL-76LS」は、そんなパワーフィネスロッドに仕上がりました!

 

メバル以外にも‥

・ソイ系ハタ系などのライトロックフィッシュゲーム
・シーバスのライトプラッギング
・クロダイゲーム
・ライトなキス釣り‥などなど

他にもいろいろな釣りに使えるパワー・テーパー・レングスのロッドになっているのではないかと思います!

ちなみに私はクロダイゲームでもよく使っていますが、45cmオーバーのチヌでも安心してファイトできるパワーを持ったロッドです!

 

この不思議なブランクスを採用した新しいパワーフィネスライトゲームロッド!礁楽「SL-76LS」!!特にデカメバルを狙うアングラーに是非使っていただきたい!そんな一本となっております!!

 

推薦タックル①【メバル】

ロッド/ 礁楽 SL-76LS
リール/ 2000番クラス スピニングリール
ライン/ バリバス メバルゲートフロロカーボン 2〜2.5lb
ルアー/ 礁楽 Dr.CHORO 1.5inch(ジグヘッドリグ)

 

推薦タックル②【メバルプラッギング】

ロッド/ 礁楽 SL-76LS
リール/ 2000番クラス スピニングリール
ライン/ バリバス ソルトウォーターフィネスPE X8 0.3号
リーダー/ バリバス ライトゲームショックリーダーTiフロロカーボン5lb
ルアー/ ビーグル・ファットビーグル・テリア・コリー・ハスキー

 

「SL-75MLS」

今やクロダイゲームは、バスフィッシング並みの多彩なアプローチが存在します!

僕自身もクロダイルアーゲーム発祥の地である広島県在住という事もあって、その黎明期から長い間クロダイというターゲットに魅力されてきました!

 

夜間のボトムゲームから始まり、チヌトップ、バイブレーションゲーム、クランキング、ミノーゲーム、そして今最も熱い!テキサスリグやフリーリグでのデイゲーム!などなど‥。

そんな奥深さを持つクロダイルアーゲームを、スペシャリティーかつオールラウンドに楽しめるスピニングロッドが「SL-75MLS」なのです。

「シャープネスなのにしっかり曲がるトルクフルなロッド!」

これがSL-75MLSの最大の特長なのですが、この「使用感はシャキッとしてるいるのに、負荷をかけるとしなやかに曲がってトルクを生み出す」ブランクス、実はメガバスロッドのお家芸!30年以上に渡るバスロッド製作の経験で培われた技術は、もちろんソルトウォーターロッドにもしっかりと反映されています。

先に紹介した「SL-76LS」が、無駄に曲がらない事に着目したロッドなのに対して「SL-75MLS」は「曲がる事でのメリット」がしっかりと体感できる!そんなロッドに仕上がっています!

・キャストアキュラシーの高さ
・巻きの釣りへの応用性
・ラインスラックを使ったルアーアクション
・ファイト中に魚を怒らせないテーパーの柔軟性
・魚をバラしにくい追従性

‥などなどこのロッドだからこそのアプローチができる!そんな味付けが施されています!

個人的には特にチヌトップには無くてはならないそんなロッドになっています!また、15g前後のバイブレーションの早巻きやミノーのジャーキング、ピークスなどの小型クランクベイトでのボトムノックにも◎!

 

 

もちろんワームを使ったボトムゲームにもしっかり対応したロッドで、チヌジグのスローリトリーブからフリーリグのパンピングまでテクニカルにクロダイを誘っていけます!

是非このロッドでデイからナイトまでクロダイゲームを楽しみ尽くしていただきたい♪そんなロッドに仕上がっております!

 

推薦タックル①【チヌトップ】

ロッド/ 礁楽 SL-75MLS
リール/ 2500番クラス スピニングリール
ライン/ バリバス マックスパワーPE X8 0.6号
リーダー/ バリバス ナイロンリーダー12lb
ルアー/ 水砲 SWING HOT・POPPING DUCK

 

推薦タックル②【デイチヌ テキサスリグofフリーリグ】

ロッド/ 礁楽 SL-75MLS
リール/ 2500番クラス スピニングリー
ライン/ バリバス マックスパワー PE X8 0.6号
リーダー/バリバス エギングショックリーダーTiフロロカーボン12lb
ルアー/ 礁楽 ロックホッグ2.5inch・ボトルシュリンプ3inch

 

 

今回は私、門永がテストに関わらさせてもらっていたNEW礁楽のロッドはこの2本中心なのですが、礁楽にはこの2本を合わせて、ベイトロッド4本・スピニングロッド7本の計11本のシリーズで販売をスタート致します!

どのロッドも全国に散らばる凄腕テスターが突き詰めて監修・テストしてきたとんがったロッドばかり!そちらも是非チェックしてもらって、自分のスタイルに合ったベストなロッドを見つけていただきたいです!

礁楽が日本の釣りを変える!!といっても過言ではないはず。

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。