ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【コンパクトさが釣れる理由】ティムコの「キュアポップスピン」は食わせに完全特化した超小型スピナーベイト

バスフィッシングの鬼定番ルアー、”スピナーベイト”。

ウエイト、ブレードタイプ、形状、によって種類も色々。

そんな中、最近記者が気になっているのが「ティムコ」のクリッタータックルからリリース中の「キュアポップスピン」という超小型スピナーベイト。

2020年の夏には新サイズも登場したということなので、早速注目していきたいと思います!

 

キュアポップスピン【ティムコ/ クリッタータックル】

一般的なスピナーベイトと比べても圧倒的なコンパクトさが特長の「キュアポップスピン」。

オリジナルのウエイトは3.5gでサイズは何と50mm! また2020年7月に追加されたウエイトアップモデルは7gでサイズは50mmとなっております。

ウエイト サイズ 本体価格
3.5g 50mm 950円(税別)
7g 50mm 980円(税別)

ティムコ公式「キュアポップスピン」詳細ページはこちら

 

超小型スピナーベイトのメリット

食わせに完全特化した「キュアポップスピン」。

ブレードとワイヤーが干渉しない程度に極限までサイズダウン。普段お使いのスピナーベイトで乗せきれない魚を掛けることができます。

サイズが超小型とはいえ、障害物回避能力は従来のスピナーベイトと同様優れています。

 

コンパクトながらもハイアピール

サイズが小さい分アピール力が気になるトコロですが、コロラドブレードが標準装備ということで、大きく水をかき回して広範囲に振動を伝達します!

 

それに、アングラー側もバイブレーションがシッカリ感じ取れるので、使い心地も抜群。

水中動画も参考に!

出典:YouTubeチャンネル「Tiemco Bass Fishing JP / ティムコ バスフィッシング」

 

ヘッドから下はスモラバのようなサイズ感

ヘッドからラバースカートにかけては、スモラバのようなサイズ感に設計され、食わせ重視に。

この小ささがスレたビッグバスはモチロン、小バスの数釣りやブレードを好むギルまで! あらゆるフィッシュイーターを楽しむことができます。

 

推奨タックル

ロッド:ウルトラライト~ミディアムライトアクションのロッド

ライン:ナイロン4Lb〜10Lb・フロロ4Lb~10Lb

 

7gを使用したサイトフィッシングが面白い?

2020年7月に登場した、新サイズの7gモデル!

 

 

で、このモデルの面白い使い方というのが、スピナーベイトを使ったサイトフィッシング、通称”スピナベサイト”!

ウエイトは7gにUPしたものの、サイズは変わらず50mmというコンパクトさが見えバスに超効果的とのこと!

 

手に乗せてもこの小ささ!

 

ベイトロッドで扱えるので、カバー周りをウロウロしているバスでも安心してやり取りができそうですよね。

是非試してみてください!

 

スピナベサイトの実釣動画はこちら!

出典:YouTubeチャンネル「Tiemco Bass Fishing JP / ティムコ バスフィッシング」

次ページでカラーをご紹介!
1 / 2
次へ