ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

虫パターンでオススメの虫ルアー虫ワーム24選【バス釣り表層攻め】

ケロムシ【デプス】


出典:デプス公式ケロムシ詳細ページ

桧原湖&猪苗代湖のプロガイド・K-RO Guide Service渡部圭一郎氏プロデュースの「ケロムシ」。形状はもとより、マテリアルにもソートーこだわったアイテムで、スモールマウスからラージマウス、オーバーハング絡みからシャローカバーまで威力を発揮してくれる。

前方方向に前傾する角度で取り付けられたパドル形状が大きな特長で、アクショ-ンさせると、わずかな力で波紋をだしてアピール! そして移動距離を抑えた誘いが可能!

セットするフックはオフセットフックの#1~#2の細軸フックがオススメ!

サイズ=1.3インチ(1パック5本入り)、価格=900円税別

 

 

モッサ【スミス】

モッサ

出典:スミス公式モッサ詳細

本物の落水昆虫の多くが、脚部の表面張力で浮くという特性を重視し、それを重要な要素としてムシワームに取り入れられたのがこのモッサ。
その思いが表現されているのが、レッグ部!
何とモッサには細長くテーパー状にデザインされた14本の脚が配置されていて、それが表面張力を生み、かつ艶めかしい動きをしてくれるんです。

LENGTH WEIGHT PACK PRICE
モッサ 1.6インチ 1.6inch 約1.5g 6本入 ¥560+税
モッサ 2.2インチ 2.2inch 約2.6g 6本入 ¥600+税

三原虫【イマカツ】

シリコンシートインサート成型
出典:イマカツ公式三原虫詳細ページ
2015年JBクラシックウィナーである三原直之プロがトーナメントのシークレットサイトベイトとして使い続けてきたのが 三原虫!
パっと見た感じは多足系のムシですが、三原さんの狙いはただ一点、 「エビのホバリング」アクション。
シリコンラバーはホバリングするエビの多足を模し、水中で超ウルトラデッドスローに沈下しながら微妙に絶妙に震え続けます。

フックは#8等の極小マスバリをおしり側にチョン掛けで使用するのが、三原流のトーナメント式使用方法。

サイズはオリジナルの三原虫(ミハラムシ)が2インチ(5本入り)に加え40mmのミハラムシ40(1パック4本入り)の2種あり。

 

風神スパイダー【イマカツ】

出典:イマカツ公式風神スパイダー詳細

超軽量虫型フローティングラバージグと高浮力マテリアルの専用ワームトレーラーが合体した特殊なムシルアー。

この風神スパイダーを武器にした藤木淳さんが2005年のトップ50年間チャンプを獲得したことで人気を集めましたね。
実は記者自身、その頃、ローカルトーナメント巡りを趣味にしていて、風神スパイダーがほしくて、オークションで1パック3000円ほどで3つ落札した経験おあります。

まぁそんなことはおいといて、発売から10年以上たっているのに、いまだに現行モデルで人気なのは実釣力が高いから!4.2cm・2.6gというサイズ感も絶妙で、そこそこの遠投性能とシルエットのナチュラルさを併せ持っています。

 

アベヤンマ【イマカツ】


出典:イマカツ公式アベヤンマ詳細

Size:4.0cm Weight:3.2g

水生昆虫系フローティングライトラバージグとして開発されたのがアベヤンマ。
野池や川、どこにでも存在するヤゴがモチーフ。けっこうな飛距離がだせ、また強めな水押しで集魚力が高いのが特長。またダブルガード、そしてけっこうな太軸フックが採用されていて、カバーに付くデカバスにも完全対応してくれる。

3 / 6
前へ 次へ