ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【沈み物×縦スト】お馴染みのフリーリグ専用ワームが激ハマり!水野浩聡の「ナガラマスターズ第4戦」参戦レポート!

連載:水野浩聡のOne more fish

皆さん! こんにちは。

大好きな梨も食べたい栗も食べたい、さつま芋も美味しいし、シャインマスカットなんかもちょっとお高いけどやっぱり見かけると食べたくなる…。

そんな秋の味覚をよく目にする機会が多くなってきましたが、水中のバスにとっても様々な生き物が活発に動く季節でもあるので、視界には多くの生き物が入っていることでしょう!

だからこそ! 色んなタイプのルアーがハマりやすく実に幅の広いルアーで釣果を出していくことをしやすい季節かなと思います。

 

ナガラマスターズ第4戦に参戦

さて、今週は10月頭に行われたナガラマスターズ第4戦に参加させていただいた時の模様をお伝えしようと思います。

前回の第3戦は増水パターンで3/8ozのジグに「ハニーナゲット3in」を使ったセッティングで、流れの当たりにくいシャローカバーを攻めて優勝することができました。

Name Length Quantity 推奨フックサイズ Price
HONEY NUGGET 3.0” 3inch 6本入り オフセット#1/0〜2/0 ¥800(本体価格)
HONEY NUGGET 3.8” 3.8inch 5本入り オフセット#3/0〜4/0 ¥800(本体価格)

ジャッカル公式「ハニーナゲット」詳細ページはこちら

 

 

第2戦のトラブルによってウェイインできなかったこともあり、年間ポイントを考えると正直この第4戦も自分にとっては絶対外せない、むしろ上位に必ず食い込んでおかなければならない大事な1戦でありました。

前日の下見(先週の記事を参照→こちら)では、フィーディングの魚が下流でしっかりとキャッチできていたので、まずはそこで3本リミットのベースを作ってから、上流でハマりつつある落ち鮎パターンを試しにいくか、下流で粘ってウエイトを頑張って上げていくか?

という感じのプランを選択しようと思っていたわけですが、試合当日の朝は前日と水温、水位が特に変わったわけではないものの、朝の3時間は全くのノーバイト…。

正直2時間くらいで3本2500gくらいは揃えれるのでは? と思っていただけに、この日の朝の沈黙は想定外。

早くも上流に行った方がいいかな? とも思ったのですが、朝一やってた最下流からだと移動が45分くらいかかってしまいます。

それに、半分くらいの選手が上流方面に向かっていたので、エリアバッティングをする可能性も高く、一発のクオリティーの高い魚を出すことができるエリアではあるものの、上流の水はかなりクリアアップしているので、難易度はMAXレベル。

 

想定外の展開!下流域の沈み物や縦スト周りを重点的に攻める

ということで、なんとか頑張って下流域をメインに魚を引っ張り出そうというプランに落ち着いたわけです。

朝のフィーディングの魚を外してしまったので、今度は少しでも流れの当たりやすいメインチャンネル付近の沈み物や縦ストを狙っていくことに。

何ヶ所か回った先の5mに立っている縦ストに絡むハードボトムを、「ハニーナゲット3in」の7gフリーリグでじっくり誘っていると、ようやく1650gが釣れてくれました。

 

最近はどこに行っても、「ハニーナゲット3in」の登場機会は多く、やはりバイト数ももの凄く多いワームだと感じています。

その時の使用タックルがこちら!

 

タックルデーター

ロッド:ポイズンアドレナ166MH【シマノ/ジャッカル】

リール:メタニウムDC HG【シマノ】

ライン:レッドスプール(16Lb)【ジャッカル】

 

その後何ヶ所か回るものの、釣りをやっている感じだとカバーやモノにタイトについているイメージが沸かず、その付近をフラフラしているような感じがしてたので、3mにある縦スト付近のハードボトムや沈み物エリアで、今度は「スワンプクローラー」の1.3gのネコリグでテンポよくボトム付近をスイミングさせる要領で誘っていると、キロクラスがバイト。

 

さらにその直後に1450gが連発。

 

これでとりあえずリミットメイク完了。

この時すでに残り2時間くらいのところまで迫っていて、気持ち的な焦りも若干あったので、ホッと一安心。あとはとにかく入れ替えだけ狙って、少し深いレンジ(5m前後)をメインに探っていきました。

そして、帰着前にもう一度入ろうと思っていた1本目のバスを釣ったポイントに入り、同じように「ハニーナゲット3in」の7gフリーリグで時間をかけてみると、1250gがラストにきてくれて、少しだけ入れ替えすることに成功!

 

果たして結果は

今回は上流に全く行きませんでしたが、もし落ち鮎パターンがハマってしまっていたら、3本で6kgコースとかもありえる話。

この時自分が持っているウエイトが一体どのラインにいるのか? あまり想像できなかったんですが、結果的には3本4395gで第3戦に引き続き第4戦も優勝という形で終えることができました。

 

朝のアテが外れて、どうなるもんか? と思ってはいましたが何とかリカバリーできて良かったかなと。

それにしても、第3戦も第4戦も活躍したのが「ハニーナゲット3in」。もはやエサです。

様々なリグにも対応できるし使い勝手の良いサイズ感でもあるので、ボート陸っぱり問わず、最近は必ずBOXに入っています。

冒頭の通り、様々なエサとなりうる生き物が活発な季節ではありますが、ボトムやボトムちょい上を意識したバスに対しては、今回のようなフリーリグがマッチしますので、ぜひ試してみてくださいね!

今回は5m付近を探っていたので、7gを使用していましたが1-2mレンジなら3.5g。3m前後なら5gという具合に、シンカーのウエイトも決めていってもらえればいいかなと思います!

来月最終戦も炸裂するといいんですけどね。炸裂しますように…。

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい