ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オカッパリ秋の減水パターン】レイドジャパンスーパーロコアングラー「和田真至」2つの奥の手

寄稿:和田 真至

みなさんこんにちは!

レイドジャパンロコアングラーズの和田真至(ワダマサヨシ)です。

今回、自分が紹介させて頂く内容は10月の河川&ため池の巻モノ攻略です。

10月と言えば、秋本番で巻物が1年で1番活躍してくる季節感だと思います。更にこの時期からは「減水」というキーワードと向き合っていくことが必須になってきます!

というわけで、減水することで活きてくる巻きモノの展開…早速いってみましょう~!!

和田 真至(Wada Masayoshi) プロフィール

岡山県の河川、倉敷川をホームフィールドに日々修行中のレイドジャパンロコアングラー。 ストロングな釣りを中心にフィネスまで使いこなすマルチな一面も。

 

秋の減水野池×バズベイト

減水することで活きてくる展開とは…「バズベイト」!。

 

狙いドコロは、減水絡みでドシャロー(水深1メートル以下) となった河川で言うなら”インサイド”、ため池で言うなら”インレット周辺”といった広い景色の泥バンク。

こういったポイントは、基本的にサカナは”常時待機”こそしていないんですが、フィーディングでエサを求めてやる気のある個体が入ってくることが10月から11月頃まで終わり頃までよくあります。

そんなドシャロー攻略にピッタリなのが、バズベイトマスタブラスタなんです。

 

アプローチ方法

アプローチ方法は“投げて巻く”だけ。

減水傾向のドシャローで、だだっ広い景色となったスポットは基本的に「投げ散らかすこと」が大切です。

イメージとしては…基本的にサカナは居ないけど「居たら食う」イメージでとにかく広範囲を巻くことが必須。そのため飛距離の出る「マスタブラスタ」が適しているというわけです。

想像もしなかったようなドシャローから、マスタブラスタに襲い掛かるやる気MAXな個体…しびれるゲーム展開です!

 

使用タックル

ロッド:グラディエーターアンチ GA-72HC (King Heavy)

リール:18バンタムHG (ktfチューン)

ライン:エクスレッドタイプNS 16lb

 

トレーラーワームとトレーラーフックは必要か

必要かどうか…、結論から言えばなくても釣れます。

ただ、僕は2つの大きな理由から、ワームもフックもどちらも必ずつけるようにしています。

 

トレーラーワーム

まずは、トレーラーワームについて。

トレーラーワームを付ける理由は“飛距離アップ”です。元々マスタブラスタは飛距離が出やすいバズベイトですが、より遠くへ軽快にキャストを決めたいと言う点からトレーラーワームはマストです。

個人的にここ最近使用しているトレーラーワームは、フルスイング3.5inch。フルスイング 3.5inchをそのまま付けると突進バイトが乗らない可能性も。あくまで飛距離アップが目的なので、写真のようにテールはカットして使用しています。

 

トレーラーフック

続いては、トレーラーフック。これも必ず自分は付けるようにしてます。

理由としては、突進バイトや食いミスった場合でも掛かってくれる可能性があがるから。つまり“フッキング率のアップ”が目的です

実際、バズベイトやスピナーベイトを使っていて、トレーラーフックでなんとかキャッチできた…なんて、経験がある方もいらっしゃるのでは?

愛用しているフックはRYUGI/スナッグレストレーラーTC(Sサイズ)。ワンタッチで誰でも簡単に装着できますので、かなりオススメです!

 

バズベイトで出なかった場合のローテーション

とにかく水面を巻きまくる。で、水面で出なかった場合は、徐々にレンジを下げていきます。

個人的に水面よりやや下のレンジで、10月頃から特に反応が良くなるものが、「マックスブレードタイプパワー」「ヘッドスライド」の巻き展開。

 

マックスブレードタイプパワー

浅いレンジにスピード感を出して仕掛けたい場合は「マックスブレードタイプパワー」

 

ウェイトは11gが中心。もっとスピード感を上げたい場合や、もう少し下のレンジに入れ込みたい場合は14gを使用します。

 

ヘッドスライド

更に、下のレンジをゆっくり仕掛けたい場合は「ヘッドスライド」と使い分けてローテーションしていきます。

こちらは7gを軸にしています。

ボトムにタッチしすぎる場合は5gへ。もっと下のレンジへ入れ込みたい場合は、9gや11gへとローテーションしていきます。

この2つに共通するキモは、ちょっとしたカバーや水中オダに絡めること

どちらもブラシガードが付いているので、ネガカリしそうなシチュエーションにあえて絡めて巻いてあげるとバイト率が上がります。

 

使用タックル

使用タックルは「マスタブラスタ」を使用していたコチラのタックルをそのまま流用。

ロッド:グラディエーターアンチ GA-72HC (King Heavy)

リール:18バンタムHG (ktfチューン)

ライン:エクスレッドタイプNS 16lb

結び変えてそのままローテーションできますので、タックル1本でガンガン仕掛けていけます。是非参考にしてみてくださいね!

最後になりますが、秋のサカナは特に“足が速い”のが特長です。

ガンガン巻いて、サカナが口を使うタイミングにどう一緒にアジャストできるかが大切になってくることが多いので、例えノーバイトが続いたとしても、諦めずに巻き続けてみてください。

きっとGOODな個体に出会えることがありますよ!もちろん、連発性もあるので是非、ガンガン巻いて秋のバスフィッシングを楽しんでください!!

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。