ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

いよいよ秋本番!「使い分け」で楽しむ!たまらんばい永野の“狙う釣り”・“触る釣り”!

寄稿:永野 総一朗(たまらんばい永野)

デカバス狙いの“狙う”釣り

まずは、デカイの狙い!な狙う釣りから。

今、琵琶湖南湖で最もポピュラーな釣りは「ワカサギパターン」と呼ばれる浚渫エリアに溜まったワカサギに着くバスをI字、ミドスト、アラバマ、ボイル撃ちなどで狙う釣りです。

これはこれでかなり楽しい釣りではあるのですが、多くのガイドさんがやられていることもあり、一旦ここでは触れません。

 

穴の中でのボトムの釣り

僕からの狙う釣りはずばり、ワカサギの居ない浚渫エリアで狙う、「穴の中でのボトムの釣り」です。最近なかなかボトムで釣りにくかった琵琶湖南湖ですが、秋の穴釣りはしっかりガッツリボトムを楽しむことができます。

基本的に秋(特に10月~11月)は「ウィードに着く魚は巻いて釣り、ウィードの無いところの魚はボトムで釣る」というのが僕の釣り方です。巻いて釣る魚は、カナダモを狙ったチャターベイトやスピナーベイト、クランクなど。この時期から冬にかけて特に強くなる「オオカナダモ」のスポットを見つけられるとかなり強いです。

ウィードの無いところというのは、チャンネルの中や、浚渫エリアの穴の中の沈みモノやハードボトムを狙う釣りです。ここでの魚は特に気温の低い朝や、ローライト時を中心にボトムズルズルの釣りで釣ることができます。

 

狙うのは穴なのですが、「穴の中に山(岩)のある穴」「穴のブレイクの深いところまでオオカナダモが残っている穴」がメイン。

ただの穴ではなく、穴の中に何かがあるということが重要。ベイトがさらに映れば尚良しです。水深は最低5m以深であれば、あまり気にしなくて良いです。

 

写真は、穴の中の岩。場所で言えば下物のちょうど真ん中くらいにあるスポットです。少し見えにくいですが岩の右側にベイトの塊が見えます。

こうした場所を今見つけておくと、台地のウィードが枯れてくるほど、つまり寒くなるほど良くなる傾向があるので要チェックです。

 

アプローチのコツ

下物全域、可能性があります。アプローチのコツとしては、一旦魚探で見つけたらマーク。そして、すぐ撃つのではなく…

①一旦周りの地形を確認(周りの変化が無ければないほど〇)。

②掛けてすぐは釣れにくいので、他を魚探掛けなどして時間を置いてから撃ってみる。

置く時間は、個人的には最低30分くらいは置きたいところ。他場所で釣りをして戻ってくるくらいがちょうど良いです。

 

使用するリグ

リグですが、個人的に使うのは3つ。

①:スタッガークロースタッガーワイドホッグ3.3インチの7gフリーリグ

これが一番いろんな水深に対応し、かつ縦シンカーを使うことでボトムを感知しやすいです。ジカリグと違い、食ってもワームだけ持っていってくれるので、乗せやすさもあります。

秋の穴の釣りはあまりデカすぎるワームを使わないこともキモのひとつ。ディープの魚は小さいモノに口を使います。

フック:ノガレスフッキングマスターLTDヘビークラス2/0
シンカー:(できればキラキラしすぎない色付きや錆びたシンカーで5~7g)

②:コイケシュリンプビッグ&おもし1.8g

風の無いときや、バスが強いスタック感を嫌がるときはこのリグ。
ネイルリグも沈めることは可能ですが、フックに直接シンカーを噛ませることにより段違いにボトム感知能力が上がります。

また、硬いボトムにカチカチ当たることで、ワームが微振動するようになるところもこのリグ・シンカーの良いところ。風が強かったりしたら2.7g⇒3.5gとウェイトを上げていってもOKです。

 

③:スタッガースティック3.3インチの3.5gダウンショットリグ

ある程度のサイズ狙いならフックはオフセットを使用。

フック:ノガレス フッキングマスターLTDライトクラス#2
シンカーは3.5g~5g、リーダーは長めに30㎝程とっています。

 

アクション方法

アクションは上にあげた全てのリグは同じで、ずばり「ズル引き」です。それも「デッドスローズル引き」。

ボトムの石ひとつ、拾ってやろうというくらいのデッドスロー具合で良いです。

 

キモは、きちんと硬い部分をカリカリコリコリと感じること。

フリーリグも、コイケシュリンプビッグもこのカリカリコリコリで、しっかりとワームが微振動するので、しっかり探ってください。これゆえに、ワームは基本的にパーツの多いワームを選んでいます。

丁寧なアクションからの「コツっ」という小さなバイト。そこからのグリグリズバシな巻き合わせが最高にたまらんばいです。狙う釣りなのでバイトは決して多くありませんが、秋の穴釣り、大好きな釣りのひとつです。

 

使用するタックル

【①②のタックル】
ロッド:MACCA REDSIGNATURE 611MHST/RS・65MHST(ハイドアップ)

リール:メタニウムMGL XG(シマノ)
ライン:アブソルートAAA16ポンド(VARIVAS)

ロッドはとにかくソリッドがベスト。小さな変化ひとつひとつにリグが止まってくれます。

基本的に今後ボトムを触るならソリッドティップ以外はあり得ないと言ってもいいくらい、ボトム感知というか竿先から入ってくる情報が違います。

徹底的にボトムを勉強したい方はこのシリーズの導入をガチで推奨します。

【③のタックル】
スピニングタックル

ロッド:MACCA REDSIGNATURE 63MLST(ハイドアップ)
リール:ステラ2500HGS(シマノ)
ライン:アブソルートAAA5ポンド(VARIVAS)

ベイトフィネス
ロッド:MACCA REDSIGNATURE 69ML+(ハイドアップ)
リール:アルデバランBFS XG(シマノ)
ライン:アブソルートAAA8ポンド(VARIVAS)

こんな感じです。

 

2 / 3
前へ 次へ