ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【身近×手軽】初心者にオススメ!秋のライトソルトゲーム基礎講座

寄稿:武宮 隆史

暖かい海流にのって本州沿岸に南方系ターゲットの稚魚が回遊、一潮ごとに大きく成長し立派なゲームフィッシュの大きさとなるのが秋シーズン。

今回は、釣り初心者でも手軽に楽しめる「秋のライトソルトゲーム」についてのお話です。

武宮 隆史(Takemiya takashi) プロフィール

ライトゲームからエギング、ライギョなどのヘビーゲームまで幅ひろく造詣が深い。 その確かな知識とスキルでサンラインのソルトラインテスター、ECOGEAR / FISHLEAGE / NORIESプロスタッフ、AGO Productsの関西Crewを務め、スタジオオーシャンマークからもサポートを受けている実力派アングラー。尼崎市在住。

 

ライトソルトゲームの魅力

代表的な魚は「メッキアジ」とよばれるギンガメアジやロウニンアジの幼魚。サイズは平均20㌢ほどですがトップウォータールアーに反応がよく、引きも魚体サイズから想像ができない好ファイターです。

 

また、釣れる魚種が多いのも、このシーズンのライトソルトゲームの魅力のひとつ。カマスやコトヒキ、シーバスはもちろん南の島でおなじみのハタやフエダイの仲間やバラクーダなどにも出会えることもしばしば。

タックルもアジングロッドやバスロッドで十分ですので、今秋シーズン気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

どんな装備が必要?【タックル準備編】

 

①:ロッドとリール

タックルは前述したように6~7フィートほどのアジングロッドやバスロッドなど。もちろん専用ロッドなら尚良しです。向かい風などによるトラブルや小さなルアーを使うためスピニングモデルが良いでしょう。

アクションはカチカチの高弾性タイプよりも、よく曲がるタイプの方が魚とのやりとりや引きが楽しめます。しかし、ルアーにアクションをつけたり不意な大物に備えて、比較的バットがしっかりしたモノを選びましょう。

 

②:ラインセレクト

ラインはPEラインがオススメです。ロッドがよく曲がるタイプを使用しますので、伸びの少ないPEラインの方がルアーにアクションをつけやすく、魚をヒットさせやすくなります。

また、小さなトップウォータープラグを使用するときに沈むタイプのラインであるとルアー自体の浮力がラインの重さに負けてうまくアクションできなかったりアピール力が半減されるので、こういった面でも浮力のあるPEラインがベストチョイスだと思われます。

ちなみにナイロンラインは浮力がありますが伸びが多いため不向き、フロロカーボンラインだと伸びは少ないですが水に沈むため不向きとなります。

私のオススメのラインはサンラインの『ソルティメイト スモールゲームPE-HG0.3号 』。

サンライン公式「ソルティメイト スモールゲームPE-HG」詳細ページはこちら

特にメッキアジでいうと、どちらかと言うと激しいルアーアクションを好む傾向にあり、ライントラブルの少ないライン性能が最重要。また、4本構成の極細仕様のラインなのでキャスト性能や操作性に優れています。

そして、どうしても小さなルアーを使用するため自身ルアーを見失いがちになりますが、このラインは視認性の良いサクラピンク色を採用しているためラインの延長上のルアーを認識しやすくなるのもメリット。

メインラインがPEラインなのでリーダーが必要となります。リーダーは『ソルティメイト スモールゲームリーダーFCⅡ 1.5号 』を50センチ~1メートルほど。

サンライン公式「ソルティメイト スモールゲームリーダーFCⅡ」詳細ページはこちら

しなやかで細号数のPEラインにも結束しやすく、不意の大物や根ズレにも強いので今回紹介しているライトソルトゲームにはピッタリです。

 

③:準備するルアー

ルアーは4~6センチ程度のトップウォータープラグ、ミノー、シャッド、メタルジグなどお好みで選んでください。

ただし、ルアーにスレたり見切られることも多いので、カラーとタイプをできるだけ多く用意しておくと良いでしょう。

 

いざポイントへ!【実釣編】

①:ポイント選び

ポイントは地形的変化があってエサとなる小魚がいるところ何処でも…なのですが、手っ取り早く効率的に釣るのならば、海につながる河川の河口ポイントを釣り歩いていくのがオススメです。

 

エサとなる小魚が多いのもそうですが、メッキアジの故郷?南の島では河口エリアがメッキアジを含めた魚達の幼魚のゆりかごとなっています。

場所は違えど本州でも同じようで河口は定番ポイントのひとつ。ある程度サーチしてルアーへの追尾やバイトが無ければ、次の河口へ移動といったアプローチがメッキアジと出会う近道です。

ほかに漁港のスロープや堤防沿い、テトラなどもメッキアジが居付きやすいポイント。また、朝夕マズメの時間帯は岸からすぐにストンと水深が落ちるサーフなども好ポイントになります。

 

②:ルアーアクション

ルアーアクションはトップウォータープラグなら速めのドッグウォークやポッピング、スローなアクション後のステイも状況によっては効果的です。

ミノーやシャッドはハイテンポなトゥィッチやファーストリトリーブ、メタルジグは沈まないよう水面を引くスキッピングやファーストリトリーブが有効です。

 

また、魚が水深の深いところに居る場合はジグヘッド+グラスミノーSのタダ引きや、ジグヘッド+ミノーSSのダートアクションなどソフトルアーを試してみるのも面白いでしょう。

 

涼しくなってきて、釣りに行くにはピッタリのシーズンに。手軽に楽しめるライトソルトゲーム、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!