ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【クイックヘッド&シャッド】ワインドチューンも併用すれば色んなSWターゲットが狙える!

寄稿:磯村 満

こんにちは!名古屋港周辺をホームにほぼ毎日湾岸パトロールをしている磯村です。

ジャクソンから2020年・新しく発売されたアイテムに特殊ヘッド「クイックヘッド」と新型シャッドテールワーム「クイックシャッド」があります。

クイックヘッドクイックシャッドは元々どんなルアーなのか簡単に説明しますと、主にサーフから狙うヒラメ・マゴチ等のフラットフィッシュをターゲットとしたルアーになります。ジグヘッドのクイックヘッドの形状は三角形でアクションを加えると平面ボディから発せられるフラッシング効果があります。

装着するクイックシャッドはその名の通りシャッドテールのワームです。テール部のシャッドが大きいのが特徴で、水流を受けるとその大きなテール部から出る波動でバイトを誘発させます。

クイックヘッドクイックシャッドについて詳しくは少し前にテスター菰田さんによる記事が配信されているので、そちらも合わせて読んでみてください♪

【クイックヘッドとクイックシャッド】ヒラメなどフラットフィッシュをメインにシーバスやタチウオなどに有効な新作のヘッド&ワームを紹介

 

そしてこのクイックヘッドクイックシャッドは、基本的にはタダ巻きやリフト&フォールで使う、巻き系ルアーなんですが、実は、ちょっとしたチューンで、「ワインド」系ルアーとしても使えるんです!

というわけで今回はそんなクイックヘッドとクイックシャッドの『ワインドチューン』についてご紹介させていただきます。

磯村 満(Mitsuru Isomura ) プロフィール

名古屋港周辺をホームに雨ニモマケズ風ニモマケズ…悪天候を物ともせず、ライトSWターゲットをメインに旬なターゲットを求めフィールドに通い続ける。最近ではライトタックルを用いたスタイルにハマり中。1971年8月生まれ。愛知県出身・在住

 

クイックヘッドとクイックシャッドの『ワインドチューン』について

ワインドチューンのご紹介の前に、そもそも「ワインド釣法とはなんぞや?」って思う方もいると思うので、まずワインド釣法を簡単にご説明しておくと、ワインド釣法というのは、ワインド用に開発されたジグヘッドとワームを使い、左右にダートさせてリアクションバイトで誘う釣り方になります。

ちなみに、本来クイックヘッドクイックシャッドは前述したように、巻き系のルアーでワインド用のルアーではありません。なのでワインドで使う場合はチューニングが必要になります。

 

ワインド釣法で使う場合は、どうすればいいのか?

ワインド釣法で使う場合は以下の2点の作業を行ってください!

ワインドで使用する場合はリアの固定式アイにスナップを装着

まずクイックヘッドには2つのラインアイがあるのですが、ワインドで使用する場合はリアの固定式アイにスナップを装着します。フロントの重心移動アイにスナップを装着して使用するとダートせず回転するので、必ずリアの固定式アイにスナップを装着してください。

 

シャッドテール部の後部をカット

次にクイックシャッドのテール部をカットします。この作業がワインドチューンのキーポイントになります。

ノーマルのまま使用してもある程度はダートしてくれるんですが、やはりシャッドテールの抵抗が大きいのでダートをさせてもその抵抗が邪魔をしてダートの振り幅を減少させてしまいます。

というわけで、もったいないけど思い切ってシャッドテール部の後部をカットします。カットする事により水の抵抗を受けなくなる為、ダートの振り幅も大きくなりアピール力がアップします。

この2つを行えばワインド釣法で使えます!

 

ワインドアクションのさせ方

ワインド釣法の場合は、基本ロッドを立てて上下に動かします。イメージとしてはエギングのようなロッドワークですが、エギングほど大きく動かさなくても大丈夫です。

どちらかと言えばショアジギングに近いロッドワークになります。

ロッドをシャクってルアーを動かしますが、その時はゆっくりリフトさせるとルアーがダートしないのでキビキビとリズミカルにシャクってやるとしっかりダートします。

シーバス、タチウオ、青物、フラットフィッシュだけでなく、ロックフィッシュにも効果的

シーバスやタチウオ、青物やフラットフィッシュまで狙えるワインド釣法ですが、リアクションバイトの釣り方なのでロックフィッシュにも効果があります。

基本的にはボトムまで一旦落としてからダートさせますが、ターゲットを絞らない場合はボトムから表層まで幅広く探ってみてください。ロックフィッシュの場合、ボトム付近を探るのでレンジをキープする為にリール半回転に1シャクリくらいの細かい動きの方が良いと思います。

このワインドチューンを覚えていただけると、色んな魚種がこのクイックヘッドとクイックシャッドのコンビで釣ることができます!! 試していただけるとウレシイです!

 

関連記事

【クイックセット】ヒラメ・シーバス・タチウオなどに有効な特殊ヘッド&ワームが登場

サーフゲームシーズンIN! 井熊亮が現地実釣レポート【新作クイックヘッド&シャッドとアスリートプラス105VGを現場投入】