ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋は巻きモノ!巻きにくくても巻きモノ!レイドジャパン「カバーに強い巻きモノ系3種」をいじる

一雨ごとに涼しくなってくるタイミング。

当然、水の中も涼しくなってくるわけで、巻きモノが楽しくなってくるタイミングでもあります。

ちょうどこのタイミング、ベジテーションはまだ夏の名残もあり、それに着くバスがいるもの確か。で、活躍するのは「カバーに強い巻きモノ系」。

というわけで、今回いじってみるのはこの3種類。

 

カバーに強い巻きモノ系

巻きモノ=横に引けるモノ。そして、カバーに強い巻きモノとなると、スピナーベイトを筆頭に、チャターベイト、スイムジグ…と。

レイドジャパンで言えば、その圧倒的な実績でファンならずとももはや定番化しつつある、こちらの組み合わせ(ルアー)ではないでしょうか。

「マックスブレードタイプスピード+フルスイング3.5inch/マックスブレードタイプパワー+フルスイング4inch」「ヘッドスライド+フルスイング4inch」「レベルスピン」

 

マックスブレードタイプスピード&タイプパワー

まずは“スピード”と“パワー”という2つの異なる性質を持ち合わせたチャターベイト、「マックスブレードタイプスピード&タイプパワー」

 

マックスブレードタイプスピード+フルスイング3.5inch

巻いた感じはブルブルというより“ビリビリ”。ブレードのハイピッチアクションを突き詰めたチャター「マックスブレードタイプスピード」。“シャッドプラグのイメージ”と例えられることも。

早く巻いても水面を割らないアクションが特長で、この組み合わせでシャローエリアをスピーディーにチェック可能。特に8gとの組み合わせは、遠投した先から足元までを水面直下50cm未満をリトリーブが可能。

この時期はフィールドに枯れウィードなどが多くなるタイミングですが、ガードが搭載されているので、トリプルフックだと枯れウィードなどのゴミを拾ってしまうようなシチュエーションでも、このセッティングならストレスなく使用できるとのこと。

使いドコロとしては…晴天無風時など、アピール力よりナチュラルさを優先したいときなどが良いようで、ハイピッチアクションによるスピードで仕掛けるならこちらだそう。

 

② マックスブレードタイプパワー+フルスイング4inch

チャターベイトらしい強さを持つチャター。タイプスピードとは対極にあるタイプで、イメージはクランクベイト。

こちらで特筆すべきは組み合わせで、トレーラーに「フルスイング4inch」を装着する事で、揚力があがり比較的シャローレンジをややスローにリトリーブ可能になるとのこと。

また、「ファンタスティック4.8inch(頭を2cm程カット)」を装着する事で、アクションがやや不安定・不規則になることに加え、やや深いレンジをリトリーブ可能になるそうで、アクションやレンジで使い分けたい感じ。

使いドコロとしてはナチュラルなタイプスピードとは一転、風波が強い日、ローライト時、とにかく強さで引っ張りたい場合

 

ヘッドスライド+フルスイング4inch

続いては「ヘッドスライド+フルスイング4inch」の組み合わせ。

何をさておいても、最大の特長は“すり抜け能力”。ことにかくすり抜けるので、対ウィードやレイダウン等にも臆せずガンガン投げ込めるのがこちら。

シャローでゆっくりなら5g、少し深めとか早めの巻きなら11g…みたいに、5g/7g/9g/11gの4ウエイトあるので、狙うレンジやスピードで使い分けると良いみたい。

アピール力だけでみると3つの中で最もナチュラルにはなりますが、雨が降り水温が低下、その後クリアアップしたタイミングでの巻物の展開には絶対コレ!…なんだそうです。

 

レベルスピン

ラストはもうお馴染み、秋といえば…な「レベルスピン」。3種類の中でアピール力が一番なのは言わずもがな。

ゆっくり巻いてウィードやレイダウン周りを、また水面~水面直下を早く巻けばバジングやガーグリングで表層付近も探れるという高い汎用性もポイント。記者的に秋に1タックルで釣りをしろ…と言われれば、間違いなくスピナーベイト。

護岸を流しながら、または広大なエリアを広く探るなんてときも良いですよね。

そして、濁りが入ったり風が吹いたり…さらなる強さが欲しいときにはフルスイング4inchやフルスイング3.5inchをトレーラーにすればアピール力アップ。実績も十分みたいですよ。

【レベルスピン×フルスイング】この“強いルアー”ד強いルアー”の組み合わせがハマるわけ。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。