ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オカッパリ×秋バス】ベコンクローの生みの親!西やんこと”西山英司”が展開する秋の必釣パターン【ベコンクロー/ブルフラット/MSバイブレーション】

寄稿:西山 英司
秋のバス釣り特集

こんにちは、西山英司です!

日に日に秋っぽくなってきましたね。朝夕は寒さを感じるほどになり、水温も下がりつつあります。

特に雨降り毎には明確な水温低下が見られます。高水温から適水温になって、バスの活性も高くなりますね。

この記事がアップされる頃には「巻き物で秋爆だ!」なんて声も聞こえてきそう…!

さて、今回は晩夏から初秋へと移り変わりの今を、オカッパリ目線でリアルタイムに解説していきたいと思います。

僕がいつも釣っている中国地方のため池やリザーバーでの釣果ですが、ぜひ皆様の通われているフィールドに当てはめてみていただけると嬉しいです!

西山英司(Nishiyama Eiji) プロフィール

にしやんこと西山英司。デプス・フィールドテスター。 ベコンクロー【デプス】の製作者で、シャローからディープまで長年の経験値からサーチして当てるスタイルを得意とする。 主に中国地方の野池、リザーバーで活動中。1972年3月11日生まれ。

 

初秋のフィールド

僕のよく行くフィールドでは、ここ一週間で水温は約4度の低下。

 

バスの着き場も日々変わってきていて、足が速くなったというかスピード感が出てきて行動範囲が広くなったように思います。

今の傾向としては、こないだまで何かしら反応があったおいしいカバー撃ちエリアがちょっと弱くなってきていて、岬や水通しの良いエリアが徐々に強くなってきました。

 

そこで、めちゃめちゃ釣れてるのが「ベコンクロー」「ブルフラット」

 

見たまんまですが、甲殻類とブルーギルなシルエット。

双方をローテーションして反応を伺い、日替わりで好みも変わったりしますが、だいたいどちらかがハマっています!

 

1 / 4
次へ