ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【秋のフィーディングタイムにはコレ】朝夕のマズメで効率良くバスを獲る「オススメルアー4選」を大塚高志が詳しくご紹介!

寄稿:大塚 高志
秋のバス釣り特集

LureNewsRをご覧の皆様こんにちは!

千葉県の房総リザーバーと新利根川をメインに活動しているO.S.Pプロスタッフの大塚高志と申します! 秋バス特集がオープンされたということで、そろそろ手返しよく広範囲を探れる巻きモノシーズン到来ですね。

そこで! 今回は私が得意とする房総リザーバーと新利根川を例に挙げながら、秋に効果的なオススメルアーやその使い方について紹介させていただきたいと思います!

大塚 高志(Takashi Otsuka) プロフィール

亀山湖がホームフィールドのプロアングラー。トーナメント出場経験も豊富で「13年NBCチャプター房総で年間1位」「2018年チャプター房総第3戦優勝」などの高成績を誇る。 パワーフィネスを得意とするが、そのスタイルに縛られること無く日々研究と努力を重ねているカリスマトーナメンターである。

 

これからの季節にオススメ!房総リザーバーと新利根川の攻略法について

秋のリザーバーや新利根川などで注意すべきポイントは大きく分けて2つ!

 

その1:急な雨量による水位変化に注意!

これからの時期、台風や雷雨などで急な天候変化が多くなります。そうなると水質の濁り具合や、増水などによってバスのポジションが変化するので、その辺りを意識しながら戦略を組み立てていきましょう。

 

急な水温変化には気をつける

急に水温が変化すると、バスのポジションやレンジがコロコロ変わります。

秋は特にベイトフィッシュの捕食行動が盛んな時期なので、縦の夏の釣り方から横の秋の釣り方にシフトする時期でもあります。これが最大のキーとなるので忘れないこと。

1日で最もバスの活性が高いマズメ時(朝・夕)の時間を有効に使うためには、手返し良く広範囲を探れるルアーをまず使う必要がありますね。

 

朝マズメのフィーディングタイムに欠かせないルアー4選!

特に晴れの日の朝は光量や気温上昇の早さにより、フィーディングの時間が短くなります。

逆に曇天や雨天の場合は、光量が少なく気温上昇が遅いのでフィーディングの時間が長いことが多くなる傾向にあります。そこで私が房総リザーバーと新利根川で絶対にタックルボックスに忍ばせているオススメルアーは各フィールド2つの計4種類!

 

房総リザーバーの場合

①「HPミノー」(3.1in)

サイズ カラー 数量 本体価格
3.1in、3.7in 21色 8(3.1in)、7(3.7in) 780円

O.S.P公式「HPミノー」詳細ページはこちら

 

 

オイカワやワカサギを意識した個体にノーシンカーによるI字引きで誘います。またフィーディングのバスのみならず、ニュートラルなスレバスにもメチャ有効で、本物のベイトフィッシュと思わせることが可能。

I字引きでは不自然なふらつきが抑えられ、スーパースローシンキングなのでサスペンドしているバスにも視界にルアーをとどめておくことができます。

ボディをくねらせながらのキレのあるダートアクション、Vテールは細かなシェイクにも追従。タダ巻きでは後方ボディを波打つよう震わせながら泳ぐ様子は小魚そのものです!

島周りがオススメ!

 

② 「ドライブシャッド

サイズ カラー 数量 本体価格
3.5in/4in/4.5in/6in 36 7(3.5in)/6(4in)/5(4.5in)/4(6in) 780円(税抜)エコトーナメント対応モデル(Fマーク有)

O.S.P公式「ドライブシャッド」詳細ページはこちら

 

 

増水したが濁りが入らない場合や少し濁っている時に効果的! 「HPミノー」からボリュームをあげて、寄せてバイトさせたい時に多用します。

ドライブシャッド」はタダ巻きではモチロン釣れることもありますが、止めるとフォール中シャッドテールが動いてくれるので、これまでチェイスのみであった魚も手にすることができるワームなのでお気に入りです。

ワンド内がオススメ!

 

新利根川の場合

①「ハイピッチャー」&「ハイピッチャーマックス

ウエイト タイプ カラー 本体価格
1/4oz(7.0g)ホワイトビーズ、5/16oz(9.0g)ブラックビーズ、3/8oz(11.0g)ブルービーズ、1/2oz(14.0g)レッドビーズ、5/8oz(18.0g)イエロービーズ 1oz(28.0g)ピンクビーズ TW DW DC(1ozのみ) 23色 ※1ozは10色 1,050円(税抜) ※ECOモデル:1/4oz・3/8oz・1/2oz 1,250円(税抜) ※1oz 1,150円(税抜)

O.S.P公式「ハイピッチャー」詳細ページはこちら

 

ウエイト タイプ カラー 本体価格
3/8oz.(ブルー),1/2oz.(レッド),5/8oz.(イエロー),3/4oz.(グリーン) TW・DW 15色 1,200円(税抜)

O.S.P公式「ハイピッチャーMAX」詳細ページはこちら

 

 

活発にベイトフィッシュを捕食する季節には、定番のハイピッチャーシリーズで手返し良く狙うのがベスト。オリジナルの「ハイピッチャー」から使い始めていただいて、もっとアピール力をプラスさせたい時やスローに誘いたい時は、「ハイピッチャーマックス」が効きますよ。

オーバーハングが狙い目!

 

② 「ブリッツ」シリーズ

写真はブリツです

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
53.0mm 9.0g ハイフローティング #6 41 1500円 アバロン使用カラー 1700円

O.S.P公式「ブリッツ」詳細ページはこちら

 

 

表層から深場まできっちり探ることができるラインナップが揃っているブリッツシリーズ。ウォブリングやローリングアクションをリズミカルに発生させることが可能なので、急な天候変化により濁った場合に使うとグッド!

松屋ボート近辺はオススメ!

 

使い分け方の共通する部分は、ルアーによるアピール力の違いとバスのレンジ別で手返し良くサーチすること。その日の状況にあったバスのレンジを素早くサーチするのがポイントですね。

これから開幕する秋の巻きモノシーズン! 是非、O.S.Pルアーで秋バス攻略を堪能してみてくださいね!

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。