ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

いよいよ開幕か?!「アイランドクルーズ」船長“須江一樹”厳選!秋の東京湾を楽しむ3つのゲーム!

寄稿:須江 一樹

②:チニング

チニングの釣果も釣れる日はバクバク!釣れない日は…と正直安定しないのですが、最近ちょっと個人的にハマっているセッティングがあるので今回はそちらをご紹介。

フリーリグにワイドホグ2.7インチを使用する最近の定番のセッティングに、「コイケF」を頭に付けた“フラワイドホグホグセッティング”です。

 

このフラワイドホグが最近マイブーム!毛のアピールと抵抗感と浮力で明らかにバイトが増えている気がします。

セッティングはワームの方から順番にワーム→ビーズ→コイケF→シンカーという順番で通します。

ビーズの部分は、ワームにシンカーの重さでコイケFが食い込まないようになればウキ止めゴムでもなんでも大丈夫です。

まずこのフラワイドホグ、何と言ってもコイケFの毛のアピールが抜群です。水を押す力も増しますし、潮になびく動きもキビレにアピールしてくれるのでバイトが増えます。

 

アクションのコツはピョンピョンと跳ねさせてから、ストンとシンカーとワームを離すようにフリーフォールで落とすことです。

コイケFの浮力の影響と毛の抵抗で超スローフラワイドホグが落ちるのですが、フリーフォールで2~3秒くらい待ってると、「スコーン」とキビレが持って行きます。

このアタリの出方が…超気持ちいい!アタリの出方が気持ちいいのでマイブームです(笑)

キビレがルアーを持って行ったらまずは巻きアワセ。巻いてラインを張ってからロッドを立てて合わせましょう。巻かないとアワセのストロークが足りずに、アワセが効かない場合があるので、アワセだけは注意が必要です。

 

オススメカラー

カラーは現在はワイドホグとコイケFのカラーを合わせるようにしています。

コイケFがライトグリパン/ブラックブルーF、ワイドホグ2.7インチがグリパンペッパー/ブルーFの組み合わせや…

#142 ライトグリパン/ブラックブルーF

#127 グリパンペッパー/ブルーF

コイケF・ワイドホグ2.7インチ共にギルの組み合わせなどが最近釣れています。

#106 ギル

#106 ギル

 

ちなみにコイケFはエラストマー素材を使用していますので、何度でも使う事ができます。釣れても切れることはほぼないので非常に経済的…というのも特筆すべき点ですね。

 

推奨タックル

ロッド:HIDEUP HUMRC-610M+-2
リール:tailwalk FULLRANGE 81R
ライン:VARIVAS アバニ シーバスPE マックスパワー X8 ステルスグレー 1号
リーダー:VARIVAS シーバス ショックリーダー [フロロカーボン]16lb
フック:イチカワフィッシングTG-1 #1
シンカー:ノガレス グレネードシンカー 14g or 21g

2 / 3
前へ 次へ