ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋のため池はこれで釣る!レイドジャパンスーパーロコアングラー「ゆたかボーイ」オススメの2つのパターンとは!

寄稿:高須賀 豊(ゆたかボーイ)

アロハ〜!初めまして!

レイドジャパンロコアングラーズのゆたかボーイです。

今回、僕が紹介させて頂くのは9月〜10月の秋の釣りについて。巻き物のイメージか強い秋ですが様々なコンディションの魚やフィールドが存在し、プレッシャーの蓄積などから実は苦手意識が強い方も少なくないのではないでしょうか?

そんな秋をどう攻略するのか…僕なりの2つのパターンをご紹介しますので、ぜひ参考にしていただけると幸いです!

高須賀 豊(Takasuka Yutaka) プロフィール

愛媛県在住のRAID JAPANロコアングラーで「ゆたかボーイ」の相性で知られる。 愛媛県のリザーバーやため池をメインに釣り歩き、自身のYouTubeチャンネル「ユタカボーイチャンネル」などでの活動も目立つ注目株。

 

1つ目のパターン:ヘビキャロ

さて秋にオススメの釣り、ボーイ的No.1 は…ヘビーキャロライナリグです!(以下 ヘビキャロ)

フルスイング3.5inchのヘビキャロで手にした1本

ヘビキャロはリザーバー、ため池、川などのフィールドに関係なく広範囲に地形を釣っていく釣りとして秋に超絶オススメのリグになります。

僕の地元愛媛県では9月に突入するとため池を中心に減水したフィールドが増えてきますが、全国的にも同じように減水するため池が多いのではないでしょうか?そんな減水フィールドで特に活躍してくれるのがキャロライナリグなんです!

減水が進むと岸際にあったシェードがなくなりインレットが枯れ、徐々に沖の地形やベイトについて動く個体が多くなってきます。ボトムの変化やエビ・ゴリ・ザリガニ・稚ギルといったベイトについている魚を狙って釣っていくには、ほんとヘビキャロがベストマッチ!

 

ボーイ的、ヘビキャロのイロハ

こちらがヘビーキャロライナリグの全体図。リーダーの目安は60~70cmをベースにしています。

まずキャロライナリグの最大の特長は“シンカーが単体でリグの先頭にあることによって他のリグよりも圧倒的に感度がいい”ということです。これによって目に見えない地形や、石、ウィードといった水中の変化が手に取るように感じ取るこができます。

 

具体的な使い方

使い方はとにかく気になるエリアにキャストし、ロッドで煽るようにボトムをズルズル引いてきます。

そのとき「コリコリ・モゾモゾ」と変化を感じたら…そこからシンカーを外すように飛ばしてステイ。

この止めが1番のバイトチャンスです!(この時、スイベルから先のワームまでのリーダー部分がノーシンカー状態になるのでワーム自体非常にナチュラルなアクションで魚を誘ってくれます。)

そこでバイトがなければ次の変化までまたズルズル引いてくる…といった感じで、動かし方自体は誰にでもできる簡単なものです。

 

オススメノワーム

写真上段:ファットウィップ3in(タコさんウィンナーカットチューン)/写真中段:フルスイング3.5in/写真下段:バトルホッグ3.3in

ヘビキャロにオススメのワームは3〜3.5インチクラスのワーム。僕が使用しているのはこちらの3種類がメインです。

特にオススメなのは、今年発売となったRAIDの新製品「バトルホッグ3.3in」。これぞ、まさにヘビキャロの為に生まれたと言っていいほど…このリグにドンピシャにハマってくれるワームです。

続いて、個人的に絶大な信頼を置いているのは「ファットウィップ3in」。チューニングで鉢巻きより下部分をカッターで4つに裂いた“タコさんウィンナーカットチューン”wは絶品です。

そして今年、個人的に試していきたいキャロワームが「フルスイング3.5in」。小型シャッドテールもキャロにはかなりオススメです。

…といった感じで、使うワームの種類は基本的に自由なので、自分なりのヘビキャロワームを探していくのも楽しみの一つ!ぜひイロイロ試してみてくださいね!

先月発売となったバトルホッグシリーズのNewサイズである3.3inchもキャロライナリグとの相性抜群です

 

ヘビキャロはここに注意!

ただし、注意しないといけないのが”ワームのサイズ感”。

ワームのサイズが大きくなりすぎると、空気抵抗を受けやすくなり飛距離が出にくくなります。逆に小さすぎると重たいシンカーに引っ張られすぎてクルクル回ることもあるので要注意です。

リグのセッティングが少し面倒なので”やらず嫌い”な方もいるかもしれませんが…感度がいいと集中力も続くというもの。初心者の方などにも是非チャレンジしてもらいたいリグです。(前準備でリーダーから先を仕掛け巻きに準備しておくと釣り場で簡単にリグを組むことができます。)

このボトム探知能力をもってすれば、慣れないフィールドや初場所でも見えないハニースポットを見つけ出せるはず!

数もサイズも狙えるこの釣りは秋がハイシーズンです!皆様も是非お試しあれ〜^ ^

 

ヘビキャロで使用しているタックル

僕がキャロライナリグで使用しているタックルがこちら。

●ロッド/グラディエーターアンチ GA-72HC(King Heavy)【レイドジャパン】
●リール/メタニウムMGL HG L【シマノ】
●ライン/エクスレッド TYPE-NS 13lb.【TORAY】

その他、キャロライナリグに使用している小物類がこちらです。

●シンカー/TGシンカー18キャロライナ14グラム〜28グラム【バレーヒル】
(シンカーの重さはフィールドの状況、狙いのスポット、タックルによって変えます)
●クッションゴム/DECOY バーサタイルキーパーSサイズ【カツイチ】
●スイベル/ダブルクレンタイプ
●リーダー/シーガーグランドマックスFX 12ポンド【クレハ】

 

1 / 2
次へ