ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ゲーリー・レッグワームはナゼ釣れる⁉ その秘密に迫ります

数あるバスフィッシング用ワームの中でも、長きに渡って特A級の実釣力を見せているのが「ゲーリー・レッグワーム2.5inch/2.9inch」。

※現在は「2.9in レッグワーム」と「2.5in レッグワーム」とエコモデルの「エコ2.5in レッグワーム」の3種がラインナップされています

sssssss

一見するとオーソドックスなシャッドテールワームに見えるかもしれませんが、、その釣れっぷりはトーナメントシーンも席捲! 小森嗣彦さんなど、色んなアングラーが、いったい何勝しているのかわからないほどで、カットテールワームと双璧をなす無双系ワームの代表といえます。

今回はそんなレッグワームの釣れる秘密に迫ります!

 

レッグワームがやたらと釣れる理由はドコにあるのか?

開発に携わってきた小森さんはダウンショットでの「フリーズアクション」にあると分析しています

 

数あるシャッドテールワームの中でもレッグワームだけがよく釣れる、その理由を考えてみました。
私がたどり着いた答えは、単純に動くだけのテールアクションではないということでした。レッグワームはワームが動いて水を押した後、止めた瞬間にテールもピタッと止まります。
ボディと一体になって、一瞬フリーズしたようなアクションになる、それこそがレッグワームだけが釣れる理由だと確信しました。

出典:ゲーリーインターナショナル

小森 嗣彦(Tsuguhiko Komori ) プロフィール

JBのトーナメンターとして、同協会の最高峰TOP50プロシリーズを戦うトーナメントプロ。年間チャンピオン3回(最多)TOP50優勝6回(最多)2008年にはJBスーパーバスクラシックを制覇、2012、2018にはBasserAllstarClassicを制している。シーズンの合間には琵琶湖、桧原湖、北浦、亀山ダムでガイドも行っている。論理的考え方でバスフィッシングとトーナメントを攻略する。1974年生まれ兵庫県神戸市出身、千葉県在住。

また、この「フリーズアクション」について、河辺裕和さんが動画で解説してくれています!

 

ちなみにこの「フリーズアクション」とは、簡単にいうと「意図しないとテールが動かない」ということ。

実はレッグワームのテールはノーシンカー状態では、動かない設定! ある程度の力が加わった時に動くという特長があるんです!

aaaaaaaaaa

ちょっと違う言い方をすれば、アクションを止めているにも関わらずテールが動いてしまい、ダラダラとわざとらしい波動を出し続けてしまうことがないといえます!

ババっと少し強いアクションさせテールを動かし、止めると、テールがピタっと止まる!
このメリハリが効いたアクションが、釣れるキモになっているんです。

スクリーンショット 2016-04-08 14.17.00

レッグワームは、テールを「動かす」ことと「止める」を意識することで、その波動の差がバスが食うキッカケを生んでくれるというわけ。

ちなみにこのアクション特性を活かすには、ダウンショットのシンカーは、1/8オンス以上のウエイトのリグでの使用がオススメだそう。

 

ま、ゲーリーマテリアルは、その存在自体が食わせの塊のようなものなので、細かいことを気にしなく釣れるんだけどね。

出典:ゲーリーインターナショナルYoutube−2.9″レッグワーム ~解説・アクション編~

 

以上、実釣力の高さで知られるレッグワームについて、特に釣れる理由、メカニズムについてご紹介しました!

 

レッグワームについて、さらに詳しく知りたい! という方には、関連記事・関連情報をたくさん、以下に紹介しておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ゲーリーインターナショナル (Gary International)

トップアングラーとして知られる河辺裕和が代表をつとめる米国・アリゾナ州に本社を置くゲーリーヤマモトカスタムベイツの日本支社。ゲーリーグラブやカットテールワーム、ヤマセンコーなど超ロングラン人気を誇るGaryYAMAMOTOワームなどを中心に扱っているほか、YABIA BRANDなどで独自のアイテムも人気を集めている。
1 / 2
次へ