ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ登場】ハイドアップ たいやき君 改め「N-GREEDIE」。監修した“乃村弘栄”本人が全貌を語る

寄稿:乃村 弘栄

こんにちは!HIDEUPスタッフの乃村弘栄です。

今回はHIDEUPより間もなく発売する、自身が監修したプラグ〝N-GREEDIE〟(エヌグリーディー)の徹底解説をしたいと思います!

乃村 弘栄(Kouei Nomura ) プロフィール

石川県出身・滋賀県在住。 もともとはバリバリのトーナメンターだが、現在は一時活動を休止し、ミックバスクラブ内レンタルボート店【フィッシングゲート】を営みながらガイド業をこなし、ハイドアップ・VARIVASフィールドテスターを勤めている。ブラックバス以外の釣りにも造詣が深く、これまでに国内ではアカメやイトウ、ビワコオオナマズ、オオニベ、海外ではピライーバやピラルクー、バラマンディなど数々の怪魚を釣り上げているマルチアングラー。

 

N-GREEDIE(エヌグリーディー)

 

普段は琵琶湖でフィッシングゲートというレンタルボート店を営みながら、ガイド業なんかも行っているのですが、自分でマルチアングラーと言うぐらい、様々な釣りを行う私。

N-GREEDIE(※以降〝エヌグリ〟と呼びます)は、そんな私が様々な環境で様々な魚種を狙う中(こんなルアーがあれば良いのにな…)という思いから、純粋に自分が使いたいルアーを形に致しました。

全長約100mm、重さ約43g。名前の由来は〝N〟は乃村の〝N〟。〝GREEDIE〟はGREED=強欲・我儘という言葉からの派生。

つまりN-GREEDIEとは〝乃村の我儘なルアー〟という意味になります。

 

カラーはブラックバス用のカラー10色に…

 

ソルトカラーが10色が初回ラインナップとなります。

 

1 / 3
次へ