ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バレーヒル「エビシャッドファミリー」にカーリーテールの“エビカーリー”が登場

バレーヒルの「コエビシャッド」。

エビやザリガニなどの甲殻類、またはボトム付近に生息するハゼ類などをイミテートしたスッと動き、ソッと消える動きが特長のワーム。

【ゴリ&エビパターンにオススメ!】すっと動きそっと消えるアクションを演出できる!バレーヒルの「コエビシャッド」をご紹介!

その「エビシャッドファミリー」に新しいモデルが登場。

 

EBI CURLY「エビカーリー」

2020年秋発売予定

どことなく、美味しそうな名前の「エビカーリー」。琵琶湖のヘビキャロでは定番と言われるエビシャッドシリーズのカーリーテールモデル。

length(inch) pack(per) color price
3 7 8 ¥680

バレーヒル公式「エビカーリー」詳細ページはこちら

 

カーリーテール仕様専用設計

「エビカーリー」はシャッドテールでは喰わせきれない状況に対応すべく開発。

プロトモデル

最大の特長は存在感の強いシャッドテールとは異なる、弱く、優しく、艶めかしいカーリーテール。 ただ、テールだけをカーリーテールにするのではなく、水を「受け流す」ことに重きをおき、腕の付け方から再調整されているそうな。

 

カラーラインナップ

01:グリーンパンプキン
03:スカッパノン
09:チェリーシード
10:ウォーターメロン/レッドフレーク

14:モエビ

15:銀ジャコ

 

 

16:スジエビ

18:無名シュリンプ

弱く、優しく、艶めかしく、水を受け流すカーリーテール。

ヘビキャロやフリーリグなどで、試してみたいですねぇ。