ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏の釣りにはやっぱ「ワッパー」。ハイドアップ松本の使いドコロとは

寄稿:松本 泰明

こんにちは!HIDEUPの松本です。

8月に入り本格的に暑くなり夏本番っといった感じですね!

HIDEUPのイメージとして夏と言ったらギル型ワームの「スタッガーワイド」を思い浮かべる方が多いと思いますが、忘れちゃいけないのが「ワッパー」シリーズ!

発売から15年以上の歴史があるワッパーシリーズ!

年中通して使えるワームですが、特に夏には欠かせないワームですので、今回紹介させていただけたらと思います。

松本 泰明(Matsumoto Yasuaki) プロフィール

岡山県在住で野池やリザーバー、河川などをホームとしてサイトと巻きを得意とする実力派アングラー。「Fishing Gear&Tackle TRIBE」というバスショップの店頭に立ちつつ、ハイドアップスタッフとして活躍中。2015年からはトーナメントシーンにも復帰している。 【Fishing Gear&Tackle TRIBE】 〒701-0142 岡山県岡山市北区白石西新町9-103-102

 

ワッパーというワーム

まず、ワッパーと言えば特徴的な形状が目を引きますよね。

ボディの片側がポッパーのようにカップ状になっているのが「ワッパー」の最大の特徴で、ノーシンカーで使用した際に水面をポコポコポッパーのように音が出せるようになっているんです。

なので、ワームポッパー…略して「ワッパー」という訳なんです!

サイズ展開は、3インチと4インチ。

ハイドアップ公式「ワッパー3インチ」詳細ページはこちら

ハイドアップ公式「ワッパー4インチ」詳細ページはこちら

 

カラーラインナップは、全10色。

ナチュラルなカラーから、濁ってもしっかりアピールできるようなカラーまで揃っています!

 

1 / 3
次へ