ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【淀川×オカッパリ】ほか各地で釣果ぞくぞく!モリケンこと森田健太郎「コイケシュリンプビッグのネイルリグ」のキモとは

寄稿:森田 健太郎

淀川だけじゃない!各地で好釣果ぞくぞく!

そんなコイケシュリンプビッグ。武田さん、永野さんをはじめ、琵琶湖でも炸裂中。

先月は南湖で!

 

このとき南湖で使っていたセッティングは、淀川で使っていたものと全く一緒の0.9gネイルシンカーをお腹に2個。フックは同じくノガレスフッキングマスター紫パッケージの4/0。

狙い所としては浚渫のトップに生えるエビモだったり、カナダモのエッジだったり、リングヴィアウォーレイの抜けどころだったり!とにもかくにも、何かの壁があるスポット。

そんなスポットで写真のようなベイトフィッシュが絡むとより良し!

このコイケシュリンプビッグは見た目は虫そのものですが、ベイトフィッシュが絡むスポットで非常によく釣れるのが面白い所!虫パターンのみとして使うのは非常に勿体ないです。

永野プロは60オーバーまで!

そして北湖では6mまでの水深では1.3gをお腹に2個挿入、10m以上の水深では、1.8gをお腹に2個のセッティングが好調。

アクションはこちら。

①キャスト

②糸だるだるでフォール

もしくは

①キャスト

②糸だるだるでフォール

③食わなければ2回パンパンっとジャーク

④糸だるだるでフォール

淀川とほぼ同じ釣り方がハマり、良い魚が連発!

ちなみに、北湖の狙い所としては沖ノ島の漁礁だったり、牧の漁礁だったり、ある日は野洲川沖の沈みオダだったり!何もない場所に何かある場所で反応が良かったです。

そして、こちらもまたベイトフィッシュが絡むスポットで連発。

武田プロのガイドでも北湖で毎日爆釣

 

2 / 3
前へ 次へ