ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ランディングネットおすすめ【クロダイ・チニング・チヌゲーム対応】おすすめ

クロダイ(チヌ)、キビレを狙うチニングでは必須ともいえるのが、魚をキャッチするランディングネット。ここでは6人(武田栄、三好仁数、近藤正仁、ヒロセマン、林健太郎、高木謙一郎)の著名なチヌゲーマーのみなさんに、自身が愛用しているランディングネットを紹介していただき、その愛用理由も明かしていただきました
出典:釣れスギ!チヌゲーム シーズン6

TOOL・ブラックシープ3.9(昌栄)
TOOL・ランディングフレームinoロックタイプS(昌栄)

ブラックシープ3.9全長3.9m、仕舞寸法43cm、継数12本、重量440g、素材ハイカーボン。   ランディングフレームinoロックタイプSサイズ=■フレームサイズ(S)/W360mm×L440mm■重量/224g

【コメント・武田栄】
ランディングネットの最高峰TooL! チヌにはジャストサイズのinoSにブラックシープ3.9がベストマッチ。
港湾部がメインステージとなるナイトのチヌゲームではタックルの次にこのランディングネットが必需! 低い垂直護岸や石積エリアでは水面まで近づくことは難しくまた危険もともないます。また一度でもランディング直前に痛恨のバラシ(泣)。なんて経験があればランディングネットの必要性はお分かりいただけるはず!
安全第一、完璧なランディングも第一です!

 

武田 栄 Sakae Takeda 先鋭の釣りブランドGo-Phish(ゴーフィッシュ)主宰・タケダクラフト代表・釣り研究者。ボンボンやタケダ式フロートリグ、磯ヒラポッパーゲーム、カヤックフィッシングなど爆釣メソッドを世に出し続けるコアアングラー。 Go-Phish www.go-phish.com/ 「武田栄の超オットコマエな日記」http://blog.go-phish.com/

 

 

 

ディパー180(マグバイト)

【コメント・三好仁数】
とにかく軽くてコンパクトなのが、お気に入り。ネットの材質がラバータイプなのでチヌをランディングした後に暴れてもチヌにキズが付かなく、ダメージを与えないでリリースできるところも気に入っています。



出典:マグバイトLength : 180 / ¥11,000 240 / ¥12,000

三好 仁数 Masakazu Miyoshi   兵庫県出身&在住。南紀や淡路島などでの磯系巨メバルゲームのイメージが強いが、実はチヌは大好物! 地元・芦屋浜、鳴尾浜、甲子園浜・淀川などでのチヌゲームに精通しマクるライトゲームフェチ。エコギア・フィールドスタッフ。1967年12月生まれ。趣味はタナゴ、テナガエビなどのマイクロゲーム

 

ランディンググリップ(バレーヒル)+ヘキサネット(メジャークラフト)+ランディングネット・ライムチャート(バレーヒル)


バレーヒルのランディングツール詳細
http://valleyhill.taniyamashoji.co.jp/catalogue/lineup.jsp?mode=cover/vhgadgets/label/landinngtool

【コメント・近藤正仁】
納得できるウエーディングネットをいろんなパーツを組合せて自作しました。中でもオススメなのがネットフレームの先に反射シートを貼ること。ナイト時に視界性がUPしてスムーズに魚をネットまで誘導できます。簡単にカスタマイズできるのでオススメですよ。

近藤 正仁 Masahito Kondo 名古屋港をホームにチヌやシーバスを狙い続けて41年という超ベテランアングラー。誰も手をださないような超根掛かり場でのハングオン/オフアプローチを得意とし、これまでの最大捕獲サイズは、マチヌ・58cm、キビレ・45cm(ともに名古屋港)。サポートメーカーはブロビス、ジャクソン。1970年2月生まれ。大阪府出身、愛知県在住。

 

ファーストキャストランディングシャフトセット 小継玉の柄セットLS-500FC(メジャークラフト)+ランディングアーム(メジャークラフト)

LS-500FC=長さ:5m(枠込み)・仕舞寸法:60.5cm・継数:9・市場参考価格=6000円弱。ランディングアーム=市場参考価格=3,600円

【コメント・ヒロセマン】
港湾部や河川など、あらゆるフィールドで持っておきたいのがランディングネット。足場の高い所が多いので、良型を掛けた時などは必要不可欠です。実はファーストキャストシリーズのランディングシャフトセットが新たに発売されるのですが、シャフトとフレーム&ネットがセットで価格はもちろんメジャクラ史上最安(おそらく6000円台)!! お気軽お手軽なチヌゲームにぜひお供として連れて行ってやってください(ランディングアームは別売り)

ヒロセマン Hirose-man メジャークラフトの実釣担当。日本全国、あらゆる魚種をターゲットにTV、雑誌等の取材をこなしている。日本で一番釣りの取材に出ているのでは?と思えるほど多忙なスケジュールをこなしている人

 

PSLウェーディングネットGM(パズデザイン

フレームのサイズ : M(W460mm×L550mm)、シャフトの長さ 550mm、市場参考価格=30,000円ちょい

【コメント・林健太郎】
ウェーディング時には必須アイテムです。河川が主戦場になるチヌだけに、流れが自ずとあるため、確実にランディングするには必要不可欠です。

林健太郎  Kentaro Hayashi   広島市のフィッシングショップ・サミット店長。チヌゲーム以外にもシーバス、アジやメバルのライトゲーム、その他マルチに活躍。先入観を持たず魚や状況を観察してから自分なりの仮説を立て実釣を重ねる、論理的アングラー。趣味は温泉めぐり。南は鹿児島から北は青森まで、自走で巡る温泉マニアでもある。1974年4月生まれ・広島県出身・在住。ブログ 「Black Out Vre.L」http://ameblo.jp/angler-rh/

 

GMシャフト600+UTネット(ゴールデンミーン)


※GMシャフト600=価格¥17,100(税別) ●標準全長:6.05m ●継数:12本 ●仕舞寸法:65.0cm ●標準自重:750g
●先径:12.2mm ●元径:37.6mm ●カーボン含有率:96% ●使用樹脂:エポキシ樹脂

※参考=UTネット2
https://www.golden-mean.co.jp/item/landing_net/utnet2/

【コメント・高木 謙一郎】
ゴールデンミーンのランディングシャフトとネットを組み合わせたものを愛用しています。長さも3ー6mまでラインナップがありますが、6mをよく使います。チヌゲームにサイズがピッタリなことから、これに同社のUTネットのネットと枠を流用して使っています

高木謙一郎  Kenichirou Takagi 広島県出身&在住。1973年1月生まれ。アルカジックジャパン・ブランドアドバイザー。オフショアからライトゲームまで、四季折々のあらゆるソルトゲームを楽しむ。素早い判断力を活かした冷静かつ理論的な釣りを得意とし、 ターゲットへ確実に歩みよる頭脳派アングラー。チヌゲームは底ズル系に加え、ステイやアクションを交えながらのアプローチを得意とする。趣味はギター!