ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

キジハタ(アコウ)-ガシラなどを狙うライトロックゲーム基礎講座【解説=りんたこ岩崎林太郎】

使用するルアーについて! どんなリグ&ルアーを使えばいい?

ライトロックゲームで使うルアーやリグについて、自分が実際に使っているものをジャンル別に紹介してみました!

 

テキサスリグ

ロックフィッシュを狙うリグの代表格といえばテキサスリグ。
根掛かり回避率が高く、敷石周りや磯場でも強気に攻めることができる。根掛かりが軽減される反面、そのままだと魚の口に掛かりにくいため、強めのフッキングが求められるリグです。

シンカーはTGバレットシンカー5ー10g(ダイワ)、フックはバザーズワームフックSS WOS ♯1(ダイワ)

ジグヘッドリグ

レンジやボトム形状を問わずオールマイティに使えるリグで、アクションも意のまま。
操作性がよく、ライトロックで釣れるターゲットはすべて網羅できちゃいます。
しかしながら、極端に起伏のあるポイントでは根掛かりもあるので、テキサスリグとうまく使い分けてくださいね。

 

直(じか)リグ系

根魚が潜む海藻帯の奥底まで届くうえにアタリもダイレクト! おまけに根掛かり回避率も高くて最近では一気に注目度も高まったリグです。
ボトムのズル引きなどで使っても有効ですが、スイミングではリグの一体感がイマイチのためジグヘッドリグの出番となります。

カルティバ・直リグ(オーナーばり)は狙いたいウイードの濃さや飛距離でウエイトを選択

 

ミノー

シャローエリアをスイミングで誘えるルアーとして重宝します。。
シンキングタイプを使用することによって、任意のレンジをリトリーブしながら、時折トゥイッチで食わせのタイミングを与えることができます。

メタルジグ

ショアから遠投+深場攻略には最適なルアー。
メタルジグというとジギングの動かし方をイメージする人が多くて、シャクりを入れる方も多いですが、ショアからのライトロックの場合はちょっと違ったりします。
どうするのか?というと沖のブレイクまで遠投し、ボトムのリフト&フォールで狙った、意外とタダ巻きが有効だったりします。

3 / 4
前へ 次へ