ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボトムで”立つ”バイブレーション】シマノのNEWプラグ「バンタム Btバイブソリッド」登場

バイブレーションプラグといえば。

素材・形状・大きさなどバリエーションが豊富、バス・ソルト問わず幅広く使える汎用性の高さが魅力のプラグ。

シマノから登場予定の「バンタム Btバイブソリッド 」は少し特殊なバイブレーションプラグ。

 

バンタム Btバイブソリッド

2020年9月発売予定

泳ぎの立ち上がりに優れたコアソリッドボディ採用で、底立ちの良いボディデザインが特長的な「バンタム Btバイブソリッド」。

45mm/7g/シンキング/本体価格1,200円

シマノ公式「バンタム Btバイブソリッド」詳細ページはこちら

 

特長

低水温時に出番の多くなる小さなシルエットと移動距離の少ないアピール。Btバイブソリッドは泳ぎ出しの良い薄型ボディにボトムで立ちやすいデザインを採用。短い移動距離でアピールし、止めた時にもバイトチャンスを作ります。

晩秋~冬に掛かけて効果絶大のリフト&フォールはもちろん、横に引いてもアクションが破綻することなくアピール。ギルやフナなど扁平型ベイトを捕食しているバスには冬だけじゃなく通年使用できる汎用性の高さも魅力。

 

コアソリッドボディ構造

ボディにはコアソリッドを採用、空気室を持たない薄型ボディデザイン。水キレが良く、巻き始めからしっかりアクションし無駄な移動を抑制。リフト&フォールで操作する際に”底で倒れづらい形状”にすることで、ボトムでのポーズ時にもしっかりアピール。

 

ボトムでの立ち姿勢

 

7g、10g同ボディサイズ

 

狂鱗仕様

001~006までのカラーは、本当のリアリズムを追い求め開発されたシマノオリジナル 鱗模様のホログラム「狂鱗」を採用。視覚でもしっかりアピールできる仕様に。

 

黒田健史プロ直伝!Btバイブソリッドとメタルバイブはココが違う!!

メタルバイブとの違い
Btバイブソリッドはリフト&フォールや着底といった縦方向のアクションで天地が逆にならず誰でも簡単に使いこなせるという大きなメリットがあるだけでなく、リトリーブで横方向にアクションをさせてもアクションが破綻することなく、安定して引き切ることができます。
ここが多くのメタルバイブレーションとの違いで、メタルバイブレーションはそのボディ構造的にどうしてもアクションが大振りになりやすく、場合によってはアクションの大きさに耐え切れず破綻してしまったり、横方向に安定して引くには抵抗が大きすぎて引き疲れてしまうなんてことも起こります。

出典:シマノ公式HP

1年を通して使える小型バイブレーションとしての位置づけ
Btバイブソリッドは、冬季やハイプレッシャー時にリフト&フォールを中心としたリアクションバイトを誘発する使用方法が最も効果的な方法です。しかしそれだけなら今までのメタルバイブレーションでも良いわけです…。45㎜のボディは小型のギルやフナといったブラックバスのメインベイトを模しやすく、冬季のリフト&フォールで使うだけでは非常にもったいない。シーズンを通して使える小型バイブレーションとしてフィールドを問わずに使ってみてください。

出典:シマノ公式HP

出典:YouTubeチャンネル「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

Btバイブソリッドを快適に使いこなすための推奨タックル

Btバイブソリッドには7gと10gの2ウェイトがラインナップ。

ML~Mアクションのベイトキャスティングタックルであれば幅広く対応しますが、クイックなアクションをさせることでより効果を発揮するので、6~6.6ftクラスのショート気味なタックルがオススメとのこと。

岸釣りでは飛距離が釣果を左右する大きなファクターになることも少なくないので、スピニングロッド+PEラインの組み合わせも非常に有効のようです。

 

ベイトタックル

ロッド:バンタム168M、エクスプライド166M、ゾディアス166M

リール:メタニウム、アルデバランMGL

ライン:フロロカーボン10~14lb

 

スピニングタックル

ロッド:バンタム2610ML、エクスプライド2610ML、ゾディアス270M-2

リール:ヴァンキッシュ2500S、ツインパワー2500S

ライン:ピットブル0.6~0.8号(リーダー10~14lb)

 

1 / 2
次へ