ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ファミリーフィッシングやお土産の確保に】手持ちのロッドが何でも使えて、いろんな魚が狙える「堤防ヘッド」

このところ“密が避けられる”とあって「釣り」を始める人が多いそうな。

夏休みは家族で釣りに!…なんて方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのはいわゆる“仕掛け”と呼ばれるモノ。

糸の先に結んで、エサやワームを付けて魚を誘うんですが、手持ちのロッドが何でも使えて、さらにいろんな魚が手軽に釣れる!という便利なやつなんです。

 

堤防ヘッド【TEIBOU HEAD】

漁師向けの漁具や仕掛けをはじめ、ロッドやエギ・ルアーなどなど様々な釣り具をラインナップしている林釣漁具製作所(HAYASHI)の「堤防ヘッド」。

HAYASHI公式「堤防ヘッド」詳細ページはこちら

 

特長はこちら

最大の特長はマイクロ化された「てんや」と呼ばれる伝統漁具がベースになっていて“とにかく手軽にいろんな魚が狙える”ということ。

ワーム、砂虫(ゴカイやイソメなど)、キビナゴ・イカ切身などをセットすれば、シロギス・ハゼ・カサゴ・アジ・メバル・コチ・タイ・ソイ・小型青物…などなど、堤防で狙えるいろんな魚が釣れる仕掛けなんだそう。

 

セット方法はカンタン

7g程度の重さが投げられるルアーロッド、エギングロッド、投げ竿など、どんなロッドでも使えるというのも魅力的。足元に落とすだけでも十分喰ってくる可能性はあるので、キャストに慣れていなくても問題はなさそうです。

セットは基本的に糸の先に「堤防ヘッド」を結ぶだけでOK。カンタンですよね。

 

使い方

使い方はエサやワームをセットして投げる。落としてるときや底に着いたら…ビビッとアタリが!

リールを少し巻いたり、ロッドで軽くアクションして誘いを入れるのもアリ。

安心のナイロン3号ダブルラインで結んである、欲張り孫針(チヌ1号)つきだから、カンタンに針に掛かりやすいのも嬉しいポイントです。

 

スペック

重さは2.5g・3.5g・5.5g・7gまでの4種類がラインナップ。

価格は全サイズ2ヶ入りで税込み200円となっています。

水深が深いから7gにしよう。根掛かりが多いから軽い3.5gにしてみよう。など、ローテーションが可能。

さらに、注目なのがヘッドのカラー!

アピール力の高い目立つカラーを中心に5色展開となっていて、水中で魚にしっかりアピールしてくれます!

 

というわけで。

どのヘッドカラーがアタリが多いのか。どのワーム、どのエサにどんな魚が食ってくるのか。どの重さにすると喰ってくるのか…など。

数種類用意しておくと、いろいろ楽しめそうですよね!夏休みなどにいかがでしょうか?!